脱毛後は湯船に浸かっても平気?

入浴を避ける女性

脱毛後は入浴を避ける

サロンや医療クリニックで施術を受けると、エステティシャンや医師から「今日はお風呂に入るのはひかえてください」といわれることがあります。

「別に手術で切開処理を受けたわけでもないのに、なぜ入浴を禁じられるんだろう」と、その注意に納得がいかない人もいるかもしれません。

確かに施術そのものは短時間ですし、肌に照射された光も(特にサロンでは)それほどパワーがあるようには見えません。
そのため、その影響を軽く考えがちです。

しかし、脱毛エステで使われるIPL、あるいは医療クリニックで用いられるレーザーを甘くみてはいけません。
一瞬の照射でも、毛根に十分ダメージを与えられるパワーが備わっているのです。

IPLにしろレーザーにしろ、脱毛効果をもたらす原理は変わりません。メラニン色素に反応する特殊な性質を持ち、肌の深部の毛乳頭と皮脂腺開口部まで来ると熱エネルギーに変化します。そのことで組織を弱体化あるいは死滅させ、発毛機能にダメージを与えます。

その時、毛乳頭と皮脂腺開口部だけにダメージを与えればいいのですが、どうしても周りにある肌の細胞にその高熱が伝わってしまいます。

もちろん施術中にしろ、その後のクールダウンの時間にしろ、肌の温度を冷却ジェルなどで下げるため、それほどの悪い影響は及ぼしませんが、日焼けに似た軽いやけどの症状になっていることは確かです。

そのような症状をさらに悪化しないためにも、入浴はもちろん、飲酒、激しい運動といった、血液の循環が良くなる行為はやらないようにして下さい、といわれるのです。

症状が進んでしまうと赤み・かゆみが生じたり、場合によっては炎症が起こって、完治しても痕が残ったりします。

アドバイスを厳格に守って、無用な肌トラブルを避けるようにしましょう。

金沢の人気脱毛サロンランキングTOPへ