脱毛のやけどのリスク

やけどについて考える

レーザー脱毛によるやけどの可能性について

少しでも脱毛完了までの時間を短縮するために、サロンではなく医療クリニックで施術を受けている、という人がいます。

確かにサロンで使われているIPLなどのフラッシュに比べ、クリニックで施術に使用されるアレキサンドラライト、ダイオード、YAGといったレーザーは照射威力も強く、確実に毛根を破壊することができます。
毛周期に合わせて施術の間隔をあける必要はありますが、サロンよりも脱毛完了までの日数は短くてすみます。

しかし威力が強いだけに、レーザーの扱いには注意を要します。実際、施術によってやけどが生じた事故が何件か起こっているようです。

レーザーでやけどが起きてしまうケースですが、以下のようなものが考えられます——

・肌が強く日焼けしている
・照射する部位に、シミ、アザ、ほくろがある
・ケガの跡が色素沈着を起こしている

レーザーで脱毛をおこなう原理ですが、メラニン色素への反応によって熱エネルギーを起こさせ、毛根の組織を破壊して発毛を不可能にする、というものです。

つまり、毛根以外のところでメラニン色素が多く含まれた部位があると、そこでも反応を起こして熱が発生してしまうというわけです。

上記の日焼け、シミ、色素沈着などはすべてその部位に当たります。レーザーがそこに照射されると、どうしてもやけどが生じてしまいます。

こういう事態を防ぐためには、日焼けの場合は肌が白くなるまで待つしかありません。

シミ、アザ、色素沈着の場合はレーザー脱毛自体が不可、というケースもあります。
その時はムダ毛処理をあきらめるか、ニードル脱毛という、毛穴に針を刺す脱毛法を選ぶしかないでしょう。

金沢の人気脱毛サロンランキングTOPへ