埋没毛ができる原因とスクラブによる埋没毛の処理

埋没毛について

埋没毛に悩む女性
肌や毛穴に刺激を与えると、肌の表面をかさぶたや角質が覆うことになるので、埋没毛になりやすくなります。

また、埋没毛ができた状態で毛抜きで埋没毛を抜こうとしても、埋没毛が抜けることはなく埋没毛を悪化させるだけになります。

さらに、埋没毛ができている箇所の肌を引っ張ることになるので、毛嚢炎や色素沈着になるリスクを高めることになります。

また、埋没毛を抜く際は皮膚の表面を破る必要性があるので、肌を大きく傷つけます。

そのため、毛穴が新たなかさぶたで覆われる形になるので、埋没毛が改善せずに悪化する一方になります。

そして、毛を抜くと毛穴に刺激を与えるため、毛穴が黒ずみます。

つまり、埋没毛を綺麗にしたい場合は、毛抜き以外にも脱毛テープや除毛クリームといった肌に強い刺激を与える物を使わないのがポイントとなります。

また、費用を抑えて埋没毛を自己処理する際は、スクラブを使って肌に残っている古い角質を取り除くのがお勧めとなります。

埋没毛への対処

埋没毛ができ始めたばかりなら、スクラブによって肌を柔らかくすることで埋没毛を肌の表面に出すことが可能となります。

けれども、埋没毛が進行しているとスクラブを使っても埋没毛を毛穴から出すことができないので、毛嚢炎になるとスクラブは効果を発揮しません。

けれども、スクラブは埋没毛がまだ進行していない状態において、古い角質を取り除くことで埋没毛を自己処理することができます。