脇脱毛ならここ!金沢の脱毛サロン徹底比較

脇のムダ毛の処理としてレーザー脱毛をする人も増えていて、レーザー脱毛は半永久的に脱毛ができることや施術時間が短いことなど、メリットが多く人気を呼んでいますが、レーザー脱毛度に色素沈着をしてしまうというケースがあります。脇脱毛後の注意点」やケア方法をしっかり知っておく必要があります。

脇のレーザー脱毛後は紫外線対策をしっかりすることと、肌を乾秋燥させないこと、また、信頼できるサロンや医療機関で行うことが大切です。レーザー脱毛後にワキの黒ずみができてしまう原因の一つは紫外線です。

レーザー脱毛後は肌が乾燥しやすい状態ですので、保湿ケアをしっかりしないと、肌のターンオーバーが乱れワキの黒ずみの原因になります。脇の黒ずみを作らないためには、どのような注意や必要かというと、レーザー脱毛をしてワキがツルツルになるのはうれしいことで、水着になるのも抵抗がなくなり、海などで思い切り手を上げることもできます。しかし注意したいのが紫外線です。レーザー脱毛後は肌が敏感になっているため、紫外線を浴びると色素沈着を起こし、ワキの黒ずみを引き起こしてしまうのです。

レーザー脱毛後は肌が乾燥しています。サロンや医療機関から軟膏やクリームなどを処方されている場合は、それらをきちんと塗ることが必要です。保湿をしないと肌が乾燥し肌荒れを引き起こし、それが色素沈着の原因となる場合があります。

脇脱毛後のケア方法は、レーザー脱毛後は体を温めるのはよくありません。脱毛した患部を温めると、赤味や炎症を起こすことがあるので、脱毛後は紫外線はもちろん、熱いシャワーやサウナ、こたつなどで患部を温めないようにして、冷やすようにします。

また、デオドラント効果のあるスプレーを使うのもちょっと我慢して下さい。スプレーの粉がワキに溜まり、毛穴を塞ぐことで皮脂や汗、汚れなどと混ざり炎症を起こすこともありますので注意して下さい。

レーザー脱毛後紫外線に当たると色素沈着を起こしますので、外出する際には日焼け止めをしっかり塗って外出するようにして下さい。また、肌を乾燥させないようにクリームや軟膏などを塗って保湿ケアをしっかりし、サウナや熱いシャワーなど肌を刺激しないように注意が必要です。