脱毛の種類について

プロの手で脱毛してもらう

サロンやクリニックの脱毛機器にはどんなものがあるの?

プロの手で脱毛してもらうには、脱毛サロンか医療クリニックに通うことになります。

この2つは使っている機器が違い、したがってその脱毛効果にも差があります。

脱毛サロンの場合、昔は美容電気脱毛(ニードル脱毛)という施術が行なわれていましたが、現在主流になっているのは光脱毛(フラッシュ脱毛)。IPL脱毛、SSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン法の4つがあります。

そのうち、最もよく使われているのがIPL脱毛です。

これはインテンスパルスライトという特殊な光をムダ毛に照射することで毛根にダメージを与え、発毛を阻害するというもの。

IPL脱毛器は、一度の照射で広範囲のムダ毛に働きかけることができます。
ニードル脱毛よりもはるかに施術がスピーディーで痛みが少ないため、しばらく前からサロンでの脱毛方法の主流になっています。

一方、医療クリニックでは施術にレーザーが使われています。

原理自体はIPL脱毛と同じ。黒いメラニン色素に反応する光(レーザー)をムダ毛に照射して毛根組織を弱らせ、毛が生えないようにします。

レーザーにもいくつか種類があり、よく採用されているのはアレキサンドラライトレーザー、ダイオードレーザー、YAGレーザーの3つ。

種類によって「痛みが少ない」「頑固な毛に向いている」などの特徴がありますが、いずれも効果は抜群で、毛根組織を完全に死滅させることができます。

ちなみに永久脱毛というのは毛根を破壊する行為ということで、医師免許がないとできません。

ですから、ムダ毛を半永久的に脱毛しようと思ったら医療クリニックに行く必要があります。
脱毛サロンで行なわれている施術は、あくまで毛根を弱らせるだけの「減毛」なので、注意して下さい。

金沢の人気脱毛サロンランキングTOPへ