脱毛ローラーについて

ムダ毛の自己処理

脱毛ローラーってどんな商品?

ムダ毛の自己処理に使う道具にはカミソリ、毛抜きをはじめ、色々なものがありますが、「脱毛ローラー」もそのひとつ。

その原理はいたってシンプル。取っ手のついたコイルを肌の表面に転がし、毛を絡めて抜いていくだけです。基本的には産毛に特化していて、顔や背中にもっぱら使います。

産毛を細かいコイル状のバネで絡め取るので、毛があまりに長すぎるとコイルに絡まりにくかったり、毛が途中で切れてしまったりします。

ある販売元に問い合わせてみると、5ミリくらいの毛なら抜けないこともないそうですが、1センチを超えるような長さになると中々抜けにくいそうです。逆にキレイに取れるのは2ミリから3ミリ程度の産毛とのこと。

長い毛の場合はハサミで短くする必要があるので、その辺がちょっと面倒です。

使用頻度ですが、毛根から毛を引き抜くわけですからどうしても肌に負担をかけます。先程の販売元も「毎日使うのはなるべく避けた方が良い」と回答していました。肌トラブルを起こさないためにも、1週間に2回までにとどめておくのが無難でしょう。

使用部位については「顔や背中にもっぱら使う」といいましたが、脚や腕にも使えます。
もし抜けにくいようでしたら、毛穴が開いた状態の時(お風呂上りなど)に使用すると、かなり処理しやすくなるようです。

なお、楽天市場やamazonで調べてみると、以下のような商品がありました——

「うぶ毛すっきりツイーザー」(926円)
「エピスティック」(1,000円)
「コジット 背中エピローラー」(1,134円)
「フェイスエピローラー」(719円)
「コイルツイザー」(949円)

いずれも安価なものなので、実際の使い心地を試してみて下さい。

金沢の人気脱毛サロンランキングTOPへ