いかにしてメンズ脱毛サロンを選ぶか?

美意識の高い女性にとって、キレイな肌を保つことは一種の義務です。コスメによるお手入れは欠かせませんし、ムダ毛などが生えているのはもっての外。
カミソリや毛抜は肌に負担をかけるというので、刺激の少ない電気カミソリを常備している人も結構いるようです。

ただ自己処理するのは面倒臭いという女性も多く、そんな人にとって助けとなるのは、プロがキレイに施術してくれるサロンやクリニック。かつては「カネとヒマのあるマダムがやっている美容法」というイメージがつきまとっていましたが、最近では施術コストも値下げされ、テレビのCMのせいで有名店の名は世間でもすっかりおなじみです。

実は脱毛したいという男性も多く、男性をもっぱらターゲットにした脱毛サロンも徐々に増えてきているとか……。しかし、こっそり「自分も脱毛にチャレンジしたい」と思っていても、脱毛に関する知識が乏しく、施術に踏み切れない方もいるはずです。

そこでこのページでは、メンズ脱毛サロンに注目し、その脱毛方法や選び方のコツなどを紹介していきたいと思います。
脱毛に挑戦したい男性は、ぜひ参考にしてください。

脱毛の歴史&光脱毛

脱毛の歴史
脱毛というと、「針のようなものを毛穴に挿入し、そこに電気を通す」という施術場面をイメージする人が今でもいます。

実はこの想像は間違いではありません。実際、20年ほど前まで、プロは使い捨ての電極(プローブと呼びます)を毛穴に入れるというやり方で、脱毛をおこなっていたのです。

ここで脱毛の歴史を少し振り返ってみましょう。

紀元前からおこなわれていた脱毛

文明を築いた人類は、すぐにムダ毛を処理するという美容行為を始めました。記録によれば、紀元前3000〜4000年頃の地中海地方、あるいは古代オリエントの女性たちは、石灰・硫黄などで作られた脱毛剤を使っていたそうです。

そして紀元前1500年ごろは、エジプトで蓮の葉、油、カバの脂肪などを材料とする脱毛剤が使われ、あの史上最高の美女のひとり・クレオパトラも薬で脱毛をおこなっていました。

以後、近代になるまで、脱毛は女性の肌のお手入れのひとつとしておこなわれていきますが、天然由来の薬剤か、毛抜のようなツールを使うだけで、大幅な方法の変化はありませんでした。

電気による脱毛がスタート

しかし電気の活用が始まった19世紀末、ようやく脱毛にも科学の波が押し寄せます。その始まりとなったのが、アメリカの医師チャールズ・ミッチェルが試みた「電気分解脱毛法」でした。

1869年、セントルイスの眼科医だったミッチェルは、逆さまつ毛の除去のためにプローブを使い、毛根に含まれる水酸化ナトリウムの凝固化に成功します。これで発毛機能は阻害され、逆さまつ毛が生えなくなったのです。

1875年になってミッチェルが治療の詳細を論文として発表すると、同じやり方でムダ毛を処理する医師が現れ、「電気分解脱毛法」はアメリカ全土に広がっていきます。しかし、この方法は極細のプローブを手で毛穴に挿入していくため、非常に手間と時間がかかりました。

それでも、成功すれば一生無毛状態でいられるためにこの方法は普及し、機械化されたものが日本にも輸入されました。
そして「美容電気脱毛」(「ニードル脱毛」)と呼ばれ、当時の代表的な脱毛方法となったのです。

光を使った脱毛方法が登場

ところがこのニードル脱毛のデメリットを補う方法が登場します。それが光を使った脱毛方法です。

この方法は、毛根に手を触れずに脱毛する、というところが画期的でした。波長を調節された特別な光線は、ひとつの色だけに反応する特性を持っています。これによって、ムダ毛に含有されるメラニンにその光を吸収させます。すると光は熱エネルギーへと変化し、その熱で発毛器官が損傷を受けてしまうのです。

この光を使った脱毛方法は、「レーザー脱毛」と「光脱毛」の2つに分けられます。

そして脱毛サロンのほとんどで採用されているのが、光脱毛です。

光脱毛の種類について

ここで光脱毛について、もっと細かく紹介しましょう。

光脱毛には多種の光線が使われますが、ほとんどの光は射出されると毛に3%含有されるメラニン色素に吸収されます(この時、周りの細胞には何もせず、そのまま素通りしてしまいます)。

光線はメラニンに反応して高熱に変化。その熱が発毛器官に損傷を与え、毛が成長するのを防ぐわけです。
この熱によってムダ毛も抜け落ちていき、照射を長期に渡って続けることで部位全体がツルツルの状態になります。

いまのところ、光脱毛には「IPL方式」、「SSC方式」、「ハイパースキン法」、「SHR方式」という4つの種類があります。それぞれの特徴を述べましょう。

最初に、IPL方式。これはサロンで最も人気があると言える脱毛方法です(サロンによっては「フラッシュ脱毛」とも呼んでいます)。射出の標的は毛の成長をつかさどる毛乳頭とその周辺の組織で、2、3ヶ月に1回というペースで施術しているうちに、効果が徐々に実感できるようになります。

デメリットは少々痛みがあること。ただ輪ゴムで弾くような感じで、ビクビクするようなものではありません。

次にSSC方式。この方式の大きな特徴は使用されるライトにあります。IPL方式ではキセノンランプという光源を使い、IPL(インテンスパルスライト)と呼ばれる光線を照射します。対してSSC方式では、クリプトンライトという光を使います。

インテンスパルスライトは単独でも脱毛できますが、クリプトンライトには毛根へのダメージ効果はありません。

では、どんなふうに脱毛をおこなうのかというと、まず施術する部位に専用ジェルを塗ります。

その上でライトを照射すると毛根がダメージを受け、毛の成長が止まるのです。

SSC方式の最大のメリットは、光の照射出力が多少低くても効果がある、という点。ジェルとの併用によってダメージを与えるため、高熱でなくても脱毛は可能です。したがって痛みもIPL方式よりさらに軽くなります。

そして「ハイパースキン法」と「SHR方式」ですが、これらは新しい発想の脱毛方法。2つともバルジ領域という組織を標的にするところが、これまでの方法と異なっています。

特にハイパースキン法はメラニン色素と関わりなく施術できるのが利点です。
光線の温度が低いため、痛みが全くありません。ですから、子供さんでも施術できます。

医療脱毛とどの点が違うのか?

どの点が違うのか?
上の項目では、脱毛方法の変遷、そして光脱毛について説明しました。そこで述べた通り、現在では大抵のサロンで光線を用いた脱毛がおこなわれています。

ところで、医療脱毛クリニックでは、ほとんどのところで「レーザー脱毛」という方法を用いています。これは光脱毛とどんなところが違うのでしょうか?

レーザー脱毛というのは、名前の通り、レーザー光線を射出する脱毛方法です。元来レーザー光線は、波長によって一つの色に反応する特性を備えています。つまり、青、赤、黒などの色のついたモノがあると、その色のところだけ、局所的に損傷を与えられるわけです。医療現場でも、この特性を用いた手術などが実践されています。

光脱毛とレーザー脱毛の大きな相違点は、毛母細胞や毛乳頭にダメージを及ぼす力です。

レーザー光は、IPLなどより波長が長く、皮膚の中にある毛根に確実に到達します。そのため発毛器官は完全に死滅するケースが多く、脱毛効果が永久に続く確率が高くなります。

それだけレーザーの威力は強く、医師免許を持ったスタッフでないとマシンが操作できません。

ただレーザーは照射時に強い痛みが伴い、肌が敏感な人は炎症の可能性もあります。

光脱毛の利点・難点

利点・難点

利点

光脱毛の第1の利点は、何と言っても施術コストが安いこと。

クリニックのレーザー脱毛と比較すると、1回の費用が半分以下ですむこともあります。

また、光脱毛のスタッフには難しい資格は必要ありません。上で述べたように医療レーザー脱毛の場合は医師資格がないと施術できませんが、サロンならすべてのスタッフが施術可能です。つまり、より多くの客に対応できるので、医療クリニックのように「契約後、最初の施術が数ヶ月先」というような厄介な事態が避けられます。

次のメリットは、肌への負担が少なく、施術時の痛みが非常に軽微なこと。
そのため、痛みに敏感な人、肌が弱い人にはピッタリです。

レーザー脱毛は、レーザーのパワーが強いために痛みも激しくなります。そのため、施術時には笑気麻酔などの麻酔を使用することもありますが、光脱毛ではそんな必要はありません。

麻酔を使用する時は追加料金が必要なクリニックが多いので、その点でも助かります。

そして最後のメリットですが、光脱毛には多種多様なプラン、コースがあるため、自分の希望に合った施術内容にできます。

部分脱毛、全身脱毛のチョイスはもちろんのこと、サロンによっては他のエステコースを追加することもできます。

難点

光脱毛は「脱毛」と呼ばれてはいますが、実際のところは「減毛」「抑毛」という方がふさわしく、施術を終えれば部位は一生無毛のまま、というわけにはいきません。

ただ、ムダ毛が再び伸びるにしても、細くなったり、発毛機能が衰えたりするので、施術効果が完全に失われるわけではありません。

また、光脱毛だと施術が完了するまで多くの日数が必要です。

光脱毛は照射出力が低いため、1度の施術で実感できる効果はそれほどでもありません。
そのため何回も施術してもらう必要があり、プランによっては、クリニックの数倍も時間がかかります。

回数が多くなり、完了までの時間が長くなると、レーザー脱毛よりコストが高くなることもあるので注意が必要です。

そしてもうひとつの欠点に、色の薄い毛や産毛には効果が出にくい、ということが挙げられます。

色の薄い毛や産毛はメラニンの含有量が少なく、ライトが反応しにくくなっています。そのため、追加措置としてニードル脱毛かレーザー脱毛をおこなう必要があります。

サロン選びの際のポイント

選ぶポイント

施術コストの体系は?

サロンは色々なタイプの店があるだけに、料金体系も店ごとに違います。ただ大きく分けると、「月額制」と「ローン」の2つになります。

料金をおさえたい場合は「月額&定額制」をチョイスしがちですが、施術の日数が長くなるとかえって総額が高くなることもあります。

また「月額制&回数無制限」だとひどくお得な感じがします。しかし、施術回数がどれくらいかによってそのお得感は違ってきます。「1回あたりの時間」は必ずチェックしなければなりません。

たとえば施術が1週間に1回のペースで、1回の時間が10分だとすると、「1ヶ月あたり40分」が施術の合計となります。40分でどれくらいムダ毛が処理できるかによって、料金がリーズナブルかどうか、判断がつきます。

また、人気のあるサロンは予約が入れにくいため、結果的に月4回も通えないことになりがちです。

契約してから「失敗した」と思わないためにも、あらかじめ様々な情報を把握しておきましょう。

希望部位の施術料を確認する

サロンで「〇〇を施術してもらうと、いくらかかりますか?」と質問すると、「普通は〇円です」という答えが返ってくると思います。ただ女性が中心のサロンだと、その返答には注意が必要です。

というのも男性の方が女性よりも毛が太く、量も多いので、普通よりもコストがかさむことが多いのです。

毛質・毛の量をしっかりチェックして、なるべく正確な料金を出してくれる店舗もあるかもしれませんが、女性より料金は高額になりがちだということを覚えておいてください。

「追加料金」は必要なのか?

ローンや月額制で支払う金額のほかに、追加料金が必要かどうか、しっかりチェックしておきましょう。

サロンに通うと、店の商品を用いたケアを推薦されることがあります。その代金がコース費用に入っているのかどうか、知っておくことが大事です。

延長する際のコストはどうなっているか?

契約分の施術は終わったものの、まだ効果に満足できない人は、追加で施術を入れることができます。

その際、「契約は○円、追加施術は○円」と料金が固定されているサロンがあります。追加施術が高額だと困りますので、あらかじめチェックしてください。

以上、脱毛したい男性のために、色々なメンズ脱毛サロンの情報を紹介してみました。

現在、脱毛はブームと呼べる状態です。それだけ店舗も多くなり、新しい顧客を得ようと必死になっています。
キャンペーンもよくおこなわれているので、公式サイトなどをチェックし、お得に脱毛してもらうようにしましょう。