「脱毛 具合悪い」の真相

脱毛による悪影響

脱毛による悪影響とは?

プロの手で脱毛の施術を受ける場合、脱毛サロンか医療クリニックのどちらかに行くことになります。

脱毛サロンで使われるのは主にIPL、クリニックの方はレーザーですが、より脱毛効果が高いのは後者のレーザー。したがって、脱毛完了までの期間も短くてすみます。

ところが脱毛の初心者の中には、

「レーザーを使った脱毛って皮膚癌のリスクがあるらしい」
「レーザーを当てられると内臓の働きが悪くなる」

というようなネット上の噂を本当だと思い、クリニックでの施術をためらっている人もいるようです。

はたしてレーザーによって上述したような問題が起こるのでしょうか?

日本医学脱毛協会によれば、医療用レーザーの照射で皮膚癌が発生することはまずありません。逆に美肌効果があり、ほくろやシミが薄くなった例が報告されています。

またレーザーは毛根までしか到達しないように波長が調整されているので、内臓に影響を及ぼすこともありません。

確かにレーザーは威力が強く、たまにむくみ、赤みといった副作用が生じるケースもありますが、施術を担当しているのが医師なので、すぐにトラブルに応じた処置を受けることができます。

一方、IPLを使うサロンの方ですが、レーザーより威力が劣るからといって副作用が絶対起こらないわけではありません。

例えば、照射後に抜け落ちないで残った毛が太くなったりする「硬毛化」という現象や、それまで発毛機能が衰えていた毛穴も活性化してしまう「増毛化」など、様々な例が報告されています。

また、活動を休止している汗腺が光の熱によって刺激を受け、盛んに汗が出始めることもあります。

ただ、これらの副作用は、照射の具合さえ適切ならばほとんど起こりません。

もしサロンで脱毛してもらいたいなら、事前に口コミをチェックし、評価の高い店を選ぶようにしましょう。

金沢の人気脱毛サロンランキングTOPへ