蓄熱式脱毛器の効果

脱毛する人

蓄熱式脱毛とは何か?その効果は?

最近は脱毛する人が増えたこともあって機器自体が進化し、新たな脱毛方法が開発されています。

その中でも特に注目を浴びているのが「蓄熱式脱毛」です。

これまでの光やレーザーを使った脱毛では、メラニンに反応を起こさせることで、毛の根元の毛乳頭を破壊していました。

しかし蓄熱熱式脱毛の場合、「バルジ領域」というところに熱を照射し、毛の生育を阻害します。

このバルジ領域は毛根より皮膚の表面に近い場所にあり、発毛に必要な細胞と栄養を供給しています。ここを破壊すれば、いくら毛根が活性化しても毛は生えてきません。

つまり、蓄熱式脱毛と従来の脱毛方法とでは、ターゲットにする部位が全く異なるわけです。

蓄熱式脱毛には様々なメリットがあります。

これまでのメラニンに光やレーザーを反応させる方法では、日焼けしたり地黒の肌の人は施術を受けることができませんでした。光やレーザーは黒い色に反応するため、肌自体が熱を発生させてしまうからです。

同じようにメラニンをあまり含まない産毛、色素の薄い毛、細い毛も効果がなかったのですが、蓄熱式脱毛の場合は色は関係ないので、これまで施術不可能だった人でも脱毛ができ、産毛などの毛も脱毛できます。
もうひとつのメリットは、痛みが非常に少ないこと。

これまでの光脱毛は体感温度が70度前後にも達していたので、軽いやけど症状になり、どうしても多少の痛みを感じることが避けられませんでした。

しかし蓄熱式脱毛では、照射する熱は微弱です。したがって体感温度も低く、38度。これならほんわりと暖かく感じる程度で、やけどの心配もありません。

以上のような大きなメリットのある蓄熱式脱毛。ますます普及していくことは間違いないでしょう。

金沢の人気脱毛サロンランキングTOPへ