脱毛でチクチクはなぜ起こるのか?

清潔な女性

VIO脱毛のチクチクはなぜ起こるのか?

最近では男女問わず、VIO脱毛(ハイジニーナ脱毛)の施術を受ける人が増えてきました。

脱毛によってデリケートゾーンが清潔になるため、衛生面でもメリットがあるのですが、口コミをチェックしていると、「施術してしばらく経つと、脱毛したところがチクチクしてかゆくなってきた」という感想が目立ちます。

どうしてこのような現象が起こるのでしょうか?

調べてみると、まず考えられる原因は下着との摩擦です。

施術前のデリケートゾーンは陰毛でおおわれていて、下着に直接肌が触れる範囲は限られていました。

それが施術によって毛のない肌が直接ショーツなどの布地に触れるため、その刺激でチクチクしてくるのです。

次に考えられるのは、伸びてきた毛先が肌に当たる、というもの。

アンケートによると、ほとんどの人がVIO脱毛の前にカミソリやハサミなどである程度毛を短くしていくそうです。

そこに光やレーザーを当てていくわけですが、1回照射すれば全部の毛を処理できるわけではありません。

きれいに脱毛されたように見えても、照射が十分でない毛が残っています。

その毛は自己処理したわけですから、毛先は尖っているのが普通です。それが肌に当たるとチクチクしてくるのです。

下着との摩擦の場合、肌が摩擦に慣れてしまえばチクチクした感触は消えてしまいます。

また、尖った毛先によるチクチクも、毛が伸びるに従ってその先も丸くなっていくので、これも時間が解決してくれます。

ただ、チクチクによるかゆみがひどい場合もあるでしょう。その際は、しっかり保湿をするのが最良の対処法。

クリームなどで潤いを保てば、かゆみの最大の原因である乾燥も治まり、症状がマシになってきます。

金沢の人気脱毛サロンランキングTOPへ