自分で脱毛する

ワックス脱毛のメリットとデメリット

waxワックス脱毛は元々欧米が発祥のムダ毛処理法で、脇やVIOラインだけでなく、眉を綺麗に整えたり、鼻下の見えにくい産毛脱毛にも大変適した方法です。
そしてワックス脱毛は、自宅やエステサロン、リラクゼーションスパなど好みの場所を選んで施術できるのも特徴です。
主な施術内容は、先ず殺菌消毒した清潔な肌にヘラでワックスを塗り、その上から紙を貼りつけ、約5〜10分放置してから剥がし取る流れになります。
ワックスで除去し切れなかった細かい毛は、毛抜きで1本1本ずつ丁寧に処理するパターンが多く、その後残ったテクスチャーを拭き取ってから冷却ジェルを塗ってアイシングという形になります。
又、古い角質も一緒に取り除けるのもワックス脱毛の1つの特徴になり、高い脱毛効果のみならず、肌の見た目も毛穴が目立たないサラサラな触感を引き出してくれます。

ワックス脱毛のメリット

ワックス脱毛は、自己処理が難しいアンダーラインのムダ毛を綺麗な形に整えながら少量だけ残したり、全て除毛して肌を清潔に保つ事も両方得意です。
特に夏にビキニを履きたい人にとっては、ムダ毛が一切パンツラインからはみ出ないように抑毛しやすいですし、Tバックなども平気に着用できるようになるメリットもあります。
又、汗ムレの嫌な臭いや生理時の肌の不快感がワックス脱毛する事で格段に軽減するので、女性が異性のパートナーと一緒に暮らす上でも快適に生活ができるようになります。

ワックス脱毛のデメリット

ワックス脱毛は、直接肌にジェルを塗布してムダ毛を一気に絡め取る方法になるので、スキンケアを特に何もしないで施術すると毛穴を傷めやすいのが大きなデメリットです。

常に毛穴が清潔な状態を保てるように、脱毛前のスキンケアには特に気を遣う必要があり、ピーリングをしたり入浴時は必要以上に石鹸でゴシゴシしないなどの細かいルールがあります。

又、剃刀やシェーバーで事前に長い毛をシェ—ビングした場合、ワックス脱毛する時は最低でも5日間空けてから施術しないと肌にダメージが掛かるので、脱毛前後のスキンケアの決まりごとが何気に多いのがワックス脱毛の欠点でもあります。

金沢脱毛ランキングTOPへ

毛抜きで脱毛するメリットとデメリット

kenuki毛抜きの特徴は毛を一度抜いてしまうと、なかなか生えてこないので、その後の処理が楽で済みます。

毛抜きで脱毛するメリット

毛抜きで脱毛すると、脱毛した2〜3日は、毛がない綺麗な状態なので、毛が伸びかけた感を気にすることなく、大胆に過ごせます。
カミソリなどで処理すると、たまに、肌をカミソリの刃で傷つけてしまったりします。それを考えると安全だと思います。
カミソリ特融の、毛が伸びてくると、黒ゴマみたいになるので、脇を上げる時など、気になってしまいます。
カミソリより、毛が伸びてくるペースがかなり遅いので、その後の処理が楽になります。
ずっと毛を抜き続けていると、生えてこない毛もあるようで、脇の毛の量が全体的に少なくなったような気がします。

毛抜きで脱毛するデメリット

毛抜きで脱毛すると、1本1本抜く事になりますので、処理時間が長くかかる事と、抜く時に痛みを感じます。
たまに毛が皮膚に埋もれて生えてきてしまいます。
それをむりやりに毛を掘り起し、抜こうとすると、肌が傷ついてしまいます。
一度、それをして、肌が炎症を起こし化膿して、赤くなってしまった事があります。
そうなると、脇を人に見られるのが嫌になってしまいます。
度々毛を抜き続けていると、脇の肌全体がボツボツ(鳥肌が立ったような肌)になってしまって、決して綺麗ではありません。
それが嫌で、毛抜き脱毛を辞めてみましたが、肌が元の状態に戻ることがなさそうです。

金沢脱毛ランキングTOPへ

カミソリで脱毛するメリットとデメリット

kamisoriカミソリさえあれば他の費用なく、気軽に脱毛することができます。
一般的には入浴時に、必要に応じてカミソリを使って気になる部分を脱毛します。
シェービングクリームを使う方もいらっしゃいますし、最近ではカミソリにソープが付属しており、お湯があればそのまま使えるものも増えています。

カミソリで脱毛するメリット

まず、お金がかかりません。サロンで脱毛をするとなると、場合によっては入会金や継続していくのに費用が発生しますが、カミソリは基本的にはカミソリ代位です。
また、入浴時にカミソリを用いて剃ることで脱毛効果が得られますので、気軽にできるというのが最大のメリットです。
もともと、体毛が薄い方はあえて脱毛せず、気になる部分だけカミソリを使うという方も多いようです。
学生の方で脱毛にはまだ通えないという方の多くはカミソリを使用しています。

カミソリで脱毛するデメリット

カミソリで脱毛するということは、その刃で皮膚の角質に傷をつけてしまうことに繋がり皮膚への負担が大きくなります。
角質に傷がつくと乾燥肌になりやすかったり、シミができやすくなったりします。
また、体毛は絶えず生えてきますので、その都度カミソリで脱毛する必要があります。
人によっては毛穴が広がってしまい、使うたびに体毛が濃くなってしまったという方もいらっしゃいます。
カミソリで脱毛した後にはクリームを塗る手間が増えてしまうという声もあります。

金沢脱毛ランキングTOPへ

除毛クリームで脱毛するメリットとデメリット

jomoクリームなので入浴後などに手軽にできる。カミソリのように手間がかからず短時間で簡単キレイに処理を行う事ができる。カミソリのように肌を傷つける事もなく痛みゼロである。

除毛クリームで脱毛するメリット

クリームなので腕、脚、ワキ、Vラインなどいろんな部位に手軽に使用できる。痛みも無く凹凸のある場所や柔らかい皮膚でも怪我をする心配が無い。クリームなのでデリケートゾーンなどでも傷をつける心配が無く安心。クリームをつけて一定の時間が経てば毛を取り除くだけで後処理はかなり簡単。こするとポロポロと毛が落ちる感じで痛みは全く無い。何度も処理していると処理した辺りの毛が少なくなってきたような気がする。毛量を減らしたい場合は櫛につけたクリームで毛を整え、短時間で洗い流すとうまくいく。すぐに生えてくるので失敗しても取り返しがつく。

除毛クリームで脱毛するデメリット

処理中に匂いが気になる。ブリーチのような匂いなので体調の優れない時や妊婦さんなどはやめておいた方がいい。毛を溶かして根元の辺りから除去しているので、すぐに毛が生えてくる。途中で毛が切れてしまう事がある。うまくいかなかったら再度クリームをつけて待つ必要あり。余分な部分にクリームが着くと残したい毛まで脱毛する可能性あり。頭など触ってしまわないよう注意が必要。処理後に良く洗っておかないとその後少しずつ毛が切れて落ちる場合があるので注意が必要。

金沢脱毛ランキングTOPへ

家庭用脱毛機のメリットとデメリット

katei家庭用脱毛機はお店じゃなく、家の中で脱毛ができるという優れた特徴があります。
これでわざわざお店に通わなくても大丈夫。この脱毛機があれば、家の中で自分の手で脱毛ができてしまうのです。
この点が人気が高い理由でしょう。では家庭用脱毛機についてご紹介して行きます。

家庭用脱毛機のメリット

まず知りたいのは、家庭用脱毛機のメリットですよね?
一番のメリットはやっぱりお店に通わなくて済むところです。
脱毛施設に通うと予約をしたり、遠くのお店まで通ったりしないといけないので面倒くさいのです。
脱毛施設に通っているのがバレたくなくて、気にしながら行く人もいるでしょう。
でも家庭用脱毛機を使えば、問題は解決。お店に通わなくてもおうちの中で脱毛ができてしまうからです。できるなら脱毛を楽ちんに家でやりたいと思っている人には最高のメリットですね。

家庭用脱毛機のデメリット

ではデメリットは何でしょうか?家庭用脱毛機のデメリットは背中など手が届かない場所の脱毛ができないところです。家庭用脱毛機自体は背中の脱毛可能ですが、自分の手で届かない範囲は自分では脱毛できません。誰かの手を借りないといけなくなるのです。このため家族や友人を結局頼らなくてはいけなくなって、恥ずかしい思いをします。脱毛施設で赤の他人にムダ毛を見られて脱毛をしてもらうよりも家族や友だちにムダ毛を見られて脱毛される方が恥ずかしいと思うなら、家庭用脱毛機は使うことはデメリットになります。一人暮らし中の人は特にそのことを頭の隅に置いて、利用するか否かを決めましょう。

金沢脱毛ランキングTOPへ