脱毛コラム

人気を呼んでいるVIO脱毛とは一体どんなもの?

いま盛り場や大きなターミナル駅などに行くと、色々な広告看板の中に必ずと言っていいほど脱毛サロンのものが混じっています。

また会社員の中には「通勤途中の電車の中でサロンの広告を見た」という人も少なくないでしょう。

これほど宣伝に力を入れるということは、それだけ脱毛に大きな需要があるということです。

以前は脱毛というと「ヒマなお金持ちがやるもの」というイメージがありました。そのやり方も毛穴ひとつひとつに電気針を刺していく「ニードル脱毛」が一般的。時間と手間がかかるため、たしかにその費用は決して安いとはいえません。

また、針を刺していくわけですから施術にも相当な痛みが伴います。
「脱毛は痛いものだ」というイメージもあって、”特殊なもの”という印象を強めていました

その状況を変革したのが、レーザー技術を利用した画期的な脱毛機の登場です。痛みが大幅に軽減されたほか、施術も簡略化。多くの客に対応できるようになったので、料金が驚くほど安くなりました。

テレビで脱毛のコマーシャルが流れたり、大手サロンで値引きキャンペーンが大々的におこなわれたこともあって、脱毛したい女性が急増。
おかげで新規サロンや医療クリニックが毎月のようにオープンする状況になっています。

また脱毛技術の進歩により、昔と比べて脱毛できるパーツも増えています。施術部位といえば大抵の女性がワキや足を希望したのですが、現在では顔や腕をはじめ、VIOまでが大変ポピュラーなパーツとなりました。

いくら脱毛人口が増えているといっても、「え、VIOってどこのこと?」という人もまだまだ少なくないでしょう。

そんな脱毛初心者のために、このページではVIO脱毛のイロハを紹介。さらにサロンと医療クリニックの違いについても解説してみることにしました。

VIOって一体どこのことなの?

「VIO」とは別に何かの略称でもなく、外国語の単語の頭文字を取ったものでもありません。実はデリケートゾーン、つまり女性の陰部の辺りを指します。

V、I、Oはそれぞれ——

Vライン……股前面の三角を形成する部分。いわゆるビキニライン。
Iライン……女性器の両脇部分。
Oライン……肛門を中心した半径2センチほどの部分。別名、ヒップ奥。

をあらわします。

これで分かる通り、それぞれの部分の形が似ていることからアルファベットを当てはめたわけです。

ということで「VIO脱毛」は、一言で言うとアンダーヘアーの脱毛。

VIOは別々に施術可能です。もちろんVIOの全部を無毛状態にすることもできるのですが、それには「ハイジニーナ」という別称がついています。

サロンやクリニックの広告で「ハイジニーナ脱毛」をうたっていることがありますが、これはVIO脱毛と同じことです。

VIO脱毛は、海外のセレブがやる特殊な美容法というイメージでしたが、上述したように日本の脱毛サロンでも人気を呼ぶプランとなりました。

実際アンケートによると、VIOはワキに続いて、施術希望パーツの第2位となっています。

VIO脱毛のメリットについて

VIO脱毛のメリットは、ただ単に肌を無毛にするという美容効果だけではありません。他にも様々なものがあります。

1.デリケードゾーンを衛生的にキレイにできる

女性の股間は性器を含めて構造が複雑で入り組んでいます。そこに濃く太い剛毛が密集して生えているため、風通しがよくありません。

そのため薄い下着をつけていてもムレてしまい、雑菌の繁殖でニオイやかゆみが生じがちです。

特に女性器の周辺に当たるIラインは、生理の時などに経血や分泌物がくっついてしまい、こまめに洗っておかない衛生的とはいえません。

ただ忙しい場合はそんなに何回も洗うことはできず、どうしても汚れた状態に陥ります。

そんな事態もVIO脱毛で防げます。菌が繁殖しにくくなるため、上記のような症状を軽減可能。
生理中でもデリケードゾーンが快適になるでしょう。

2.カミソリや毛抜きでの自己処理が不要になる

デリケートゾーンは太い毛が伸びているのに肌自体は薄く、自己処理するには厄介な部位です。また性器がそばにあるため、うっかり怪我をする危険性が高くなっています。

また、自己処理そのものも問題があります。毛抜きで抜いたりカミソリで剃ったりという方法は、肌のコンディションを悪化させます。
いつの間にか肌にダメージが蓄積し、面倒な埋没毛を生じさせる一因になります。

また、毛穴にできた傷に雑菌が入ると、毛嚢炎になる危険性も高くなります。

脱毛すれば自己処理も不要となり、厄介なトラブルのリスクも減らせます。

3.大胆なおしゃれが楽しめる

露出度の高い水着や下着を身につけたいと思ったら、必ずアンダーヘアを処理しないといけません。

でも上述したように自己処理を続けていると肌トラブルが起こりがち。せっかく無毛になってツルツルなのに、肌に黒ずみ等ができては毛を処理した意味がなくなります。

デリケートゾーンをサロンやクリニックで脱毛すれば、自己処理がいらなくなって美しい肌へと導かれることに。

そうすれば肌の汚れを気にすることもなく、好きなファッションで彼氏とのデートに出かけることができます。

Vラインのデザインにはどんなものがあるの?

Vラインは、VIOの3つの中でもとりわけ人気のある部位。アンケートでは「脱毛したい部位」の上位に必ずランクインしています。

Vラインの脱毛に際しては、全くの無毛にする人は少ないようです。
やはり自然さを重視するのか、一部は残すのが普通です。

その時「毛をどんな形にするのか」が問題となります。

サロンやクリニックでは決まったデザインがあり、以下がその定番です——

・逆三角形

自然な形なので、脱毛したことに気づかれにくいのが大きなメリット。そのせいか最も人気のあるデザインとなっています。

・オーバル型

オーバルというのは「楕円」という意味。角を丸めた形なので、どことなく女性らしいイメージになっています。

・Iライン型

まっすぐI字の形に毛を残します。露出度の高い水着や下着を身につける場合にはピッタリ。また足が長く見えるので、そのためにこれを選ぶという人もいます。

・Uライン型

「逆三角形」の変形で、角に丸みを加えたもの。やはりナチュラルだというので人気です。

・スクエア型

「Iラインはちょっと極端すぎる」という人がよく指定しているようです。ただ日本人にとってはやはり不自然に感じられるので、「嫌いだ」という女性も多いでしょう。

ちなみに、医療クリニックで施術を受ける場合、一旦脱毛するともうヘアーの形はそのままになってしまいます。
いい加減に選んでしまうと後で「しまった」と思わないでもないので、デザインはよく考慮した上で決めて下さい。

Oライン脱毛にもメリットあり

VIOのうち、VラインとIラインは「処理したい部位」として人気があります。大胆な水着や下着を着る時、どうしてもそこのヘアーを処理する必要があるからでしょう。

ところが、Oラインは「特に脱毛しなくてもいい」と考えるのか、人気ランキングに入ることはほとんどありません。

でも、Oラインを脱毛すると衛生的にはムレやニオイの不快感が軽くなり、大きなメリットがあります。

また、セックスの時も体位によってはOラインが目立つので、脱毛しておくと旦那さんや彼氏に不快感を与えません。

施術の際は、サロンやクリニックが用意した紙パンツに着替えます。
それをスタッフがずらしながら施術していくわけです。

体勢が気になる人もいるでしょうが、「うつ伏せの開脚姿勢」か「四つん這い」のどちらかになるようです。前者の方が抵抗がないので、スタッフに「うつ伏せ」をリクエストするといいでしょう。

最初は恥ずかしいと思いますが、施術を繰り返すうちに平気になります。

10〜15分程度の施術で肛門周辺がキレイになりますから、ぜひOライン脱毛にチャレンジしましょう。

サロンとクリニックの違いとは?

VIO脱毛しようと思ったら、サロンか医療クリニックに通う必要があります。

この両者の大きな相違は施術方式です。

サロンの店舗のほとんどが採用しているのが、IPL脱毛(フラッシュ脱毛)。

IPLというのは、intense pulsed lightの略。
紫外線を含まない特殊なライトで、黒いメラニン色素に反応して脱毛効果を得ます。

ムダ毛のある肌に直接照射すると、肌の奥にある皮脂腺開口部、毛乳頭などで熱エネルギーに変化。その発毛機能にダメージを与え、ムダ毛が伸びないようにします。

一方、医療クリニックで用いられているのはレーザー脱毛です。

レーザー光にはアレキサンドラライト、YAG、ダイオードなどの種類がありますが、脱毛の原理そのものはIPLと同じです。
メラニン色素の含まれた毛根でレーザー光が反応し、高熱によって組織を弱体化。発毛機能を奪います。

IPLとレーザー光は波長とパルス幅に差があるのですが、照射パワーが強いのは後者の方です。数回の照射で毛根は死滅し、ツルツルの状態が数年、長い場合は一生に渡って継続します。この「永久脱毛」は医療行為とされているため、マシンの操作は医師免許を取得したスタッフがおこないます。

レーザー光の効果は素晴らしいのですが、その分「痛みが激しい」のがデメリットとなっています。

IPLは威力が弱いだけに肌には優しく、痛みもマシです。その代りに施術に通う期間が長くなり、照射回数も多くなってしまいます。

またIPLだと毛根は一時的に衰えるだけなので、脱毛完了から時間が経つと毛が再生する可能性があります。

痛みが平気という人は、医療クリニックでレーザー脱毛を受けた方が脱毛効果が長持ちします。

VIO脱毛の費用はどれぐらい?

VIO脱毛に際し、どうしても気になってしまうのはその料金でしょう。

実は「脱毛」といっても様々なやり方があります。

たとえば、サロンを選んでIPL脱毛を受けるのか、レーザー脱毛の医療クリニックを選ぶのか。減毛程度でいいのか、完璧に無毛状態にしたいのか。
高額でも脱毛完了までの期間を少なくしたいのか、あるいはあくまで料金の安さにこだわるのか……。

それらの条件によって、施術料にも大きな差が出てきます。

ここではいくつかの場合に関して料金を紹介してみます(なお、以下の数字は「VIOをすべて脱毛するプラン」のものです。VIOを個別に脱毛する場合は施術料も異なります)。

まず、サロンで脱毛をする場合、有名店舗の料金は次のようになっています——

減毛程度にとどめる

・ミュゼ
料金総額……116,640円[施術12回。1回につき9,720円]

・銀座カラー
料金総額……163,244円[施術12回。1回につき13,603円]

・ディオーネ
料金総額……103,680円[施術12回。1回につき8,640円]

完全にツルツル状態にする

・ミュゼ
料金総額……174,960円[施術18回。1回につき9,720円]

・銀座カラー
料金総額……163,244円[施術18回。1回につき9,070円]

・ディオーネ
料金総額……165,240円[施術18回。1回につき9,180円]

続いてクリニックで脱毛を受ける場合。有名クリニックの施術料をまとめてみます——

減毛程度にとどめる

・湘南美容外科
料金総額……60,750円[施術6回。1回につき10,125円]

・アリシアクリニック
料金総額……61,900円[施術5回。1回につき12,380円]

・リゼクリニック
料金総額……98,800円[施術5回。1回につき19,760円]

・城本クリニック
料金総額……92,700円[施術5回。1回につき18,540円]

完全にツルツル状態にする

・湘南美容外科
料金総額……82,620円[施術9回。1回につき9,180円]

・アリシアクリニック
料金総額……92,880円[施術8回。1回につき11,610円]

(リゼクリニックと城本クリニックには8、9回のコースなし)

こうしてみると、全般に医療クリニックの方がリーズナブルで、特に格安なのは湘南美容外科になります。

VIO脱毛をするなら、料金の点で湘南美容外科がおすすめです。

以上、VIO脱毛に関する様々な情報を紹介してみました。いかがだったでしょうか?

もし「VラインやIラインを自己処理している」という方がいたら、ぜひ脱毛のことを考慮して下さい。カミソリや毛抜きを使い続けていると皮膚へ大きな負担がかかり、黒ずみなどの肌トラブルの元凶となります。
脱毛で自己処理とおさらばし、美しいデリケートゾーンをキープしましょう。

美脚の魅力を損なわないためにも足脱毛がオススメ

足は人間の体のおよそ半分を占めます。”美脚”という言葉もあるほどで、女性にとっては肢体の魅力が強調されるフェミニンな部位。
足に自信のある人は、ミニスカートやホットパンツでその美しさを見せびらかしたくなるでしょう。

ただシルエットや肌合いがいくらキレイでも、それらの魅力を下げてしまうのが表面に生えているムダ毛です。
いくら自信満々に足を露出していても、ムダ毛をうまく処理していないと「だらしのない人」と蔑んだ目で見られかねません。

そんな目にあわないためには定期的に自己処理する必要がありますが、足は面積が広いだけに、何本もあるムダ毛を剃ったり抜いたりするのはかなり大変です。

そんな面倒臭さに加え、自己処理というのはデリケートな肌を傷つけがち。カミソリにしろ毛抜きにしろ、続けて使っていると肌へ大きな負担をかけることになり、せっかくの美しい足にトラブルを生じさせます。

「ムダ毛は処理したいけど、自己処理はダメ? じゃあどうしたらいいの?」

と思われるでしょう。

そこでオススメしたいのがプロの手による脱毛です。

実は最近はちょっとした脱毛ブーム。
技術革新によって施術が簡素化されたため、その料金も昔よりはるかにリーズナブルになっています。

そのことで気楽に施術をしてもらう人が増え、脱毛サロンや専門のクリニックが続々オープン中です。脱毛してもらうなら、今がチャンスとも言えます。

ただ、脱毛初心者にとって、サロンやクリニックを訪れて契約し、施術に通い続けるというのはハードルが高い行為でしょう。不安が先立つのも当然です。

そこでこのページを立ち上げました。
足脱毛に関する情報、施術方法の詳細、そして気になる疑問点とその回答など、初心者の不安を取り去る知識を色々と紹介していきます。

リーズナブルに施術できるサロンやクリニックはどこなのか?

足は面積の広いパーツなので、その脱毛対象となる部位は、ひざ上、ひざ下、ひざ、足の甲・指といった風に細かく分かれています。

さらにそれらの料金というのは、サロン・医療クリニックごとにまちまちです。

その中でも値段がリーズナブルなサロンやクリニックをあげていくと、まずサロンでは——

ミュゼ

・ひざ上……6回18,000円
・ひざ下……6回18,000円
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……8回12,000円
・足全体……8回48,000円(ひざ上・ひざ下は6回)

銀座カラー

・ひざ上……8回42,000円
・ひざ下……8回42,000円
・ひざ……8回21,000円
・足の甲・指……8回21,000円
・足全体……制限なしで151,152円

ジェイエステティック

・ひざ上……8回31,200円
・ひざ下……8回31,200円
・ひざ……8回14,400円
・足の甲・指……8回14,400円
・足全体……8回91,200円

脱毛ラボ

・ひざ上……8回47,840円
・ひざ下……8回31,840円
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……8回15,840円
・足全体……8回95,520円

クリニックでは——

アリシアクリニック

・ひざ上……5回55,000円
・ひざ下……5回41,250円
・ひざ……5回13,750円
・足の甲・指……5回13,750円
・足全体……5回92,900円

リゼクリニック

・ひざ上……5回79,800円
・ひざ下……5回89,800円
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……5回19,800円
・足全体……5回119,800円

湘南美容外科クリニック

・ひざ上……6回81,000円
・ひざ下……6回81,000円
・ひざ……6回28,750円
・足の甲・指……6回28,750円
・足全体……6回219,500円

KM新宿クリニック

・ひざ上……5回60,000円
・ひざ下……5回60,000円
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……5回20,000円
・足全体……5回100,000円

となっています。

サロンの中で最も料金が安いのは、ミュゼです。
ひざ上・ひざ下をあわせて6回36,000円ですから、他の脱毛サロンより数万円以上お得になります。

ただ銀座カラーだと、足の指・甲まで含んだ足全体のコースが151,152円で通い放題です。足全体を完全にツルツルにしたいという人はこちらの方がいいかもしれません。

クリニックの場合はアリシアクリニックが最も安く、ひざ上、ひざ下、ひざ、足の甲・指がそろった足全体プランが92,900円です。

クリニックの中には40万円以上の施術料をとるところもあるので、10万円を切るというのは本当に破格です。

とりあえず1回脱毛を体験したいなら、どこに行くべき?

部分脱毛とは言え、足脱毛は安いとは言えません。

まずは試しに、ジェイエステの「両ワキ完了12回+選べる3部位1回」で施術を体験してみてはいかがでしょう?

これは両ワキと、全身の18部位から3つを選んで1回脱毛ができるというものですが、料金がなんと300円。

これで施術の具合を見てから、行くサロンを検討するのもいいでしょう。

脱毛にかかる日数と回数

上記の文章で足脱毛の料金についてはお分かり頂けたと思います。

では脱毛にかかる日数と回数はどうなのでしょうか?

大雑把な目安は以下の通りになります——

脱毛サロン

回数……8回から12回
期間……1年から2年
施術ペース……2ヶ月に1回

医療クリニック

回数……5回から6回
期間……約1年
施術ペース……3ヶ月に1回

どうでしょうか、予想以上に日数と回数が多いと思われるかもしれません。

実は、足は体の部位の中でも比較的施術の効果が出やすい、と言われています。
それでもこれくらいの時間と手間がかかってしまうのです。

なぜかというと、それは現在用いられている脱毛方法と、毛の成長サイクルが関係しています。

それを以下のセクションで説明しましょう。

なぜ脱毛には時間と手間がかかるのか?

脱毛方法から説明すると、いまサロンとクリニックで使われている脱毛マシンは、いずれもレーザー系の強い光を肌に照射して脱毛効果をあげます。

照射される光は、黒いメラニン色素に反応して高熱のエネルギーに変化する特殊な性質を備えています。ですから肌にあたっても表皮は素通りし、メラニン色素を含んだ毛だけに反応するわけです。

高熱エネルギーは毛を燃やすだけでなく、その毛根部位にある発毛組織(毛母細胞、毛乳頭、皮脂腺開口部など)にもダメージを与えます。このことでムダ毛が伸びなくなり、ツルツルの肌が得られます。

それなら1回の照射で脱毛は完了する理屈ですが、そういうわけにはいきません。というのも、毛というのは見た目はすべて同じに見えますが、実は「毛周期」という成長サイクルによってその状態が異なっているからです。

毛は3つの時期(「成長期」「退行期」「休止期」)を繰り返しながら古いものから新しいものへ生え変わっていきます。

「成長期」は毛が生育して肌の表に出てくる時期。「退行期」は成長がストップしてしまい、毛乳頭から切れそうになっている時期。そして「休止期」は、毛乳頭から毛が完全に切れ、毛穴にくっついているだけの時期です。

脱毛効果が得られるのは、毛根につながっている成長期の毛だけです。
毛が抜け始める退行期や休止期に光を当てても意味がありません。

施術によって成長期のムダ毛は1〜2週間で抜け落ちてしまい、1〜2ヶ月間だけツルツルの無毛状態になります。

やがて毛がまた伸びてくるため、再び光を照射。
これを繰り返し継続していくと、毛そのものが細くなっていき、本数も減少していきます。

このようにして日数をかけながらすべてのムダ毛の毛根部分にダメージを与え、ようやく脱毛完了を迎えるわけです。

そのため、どうしても施術ペースは1〜2ヶ月に1回というのんびりしたものになります。

以上、脱毛に時間と手間がかかる理由がお分かりになったでしょうか?

こればかりはスピードアップするのが中々難しいので、脱毛すると決めたら長期に渡って施術に通うことを覚悟しておいて下さい。

足脱毛をすれば毛穴のブツブツが治せる?

定期的にムダ毛の自己処理を継続していると、黒いブツブツが足の表面にできてしまうことがあります。

これは自己処理の刺激によって肌のコンディションが悪くなっている証拠です。

手軽ということでよく使用されるカミソリですが、ムダ毛を繰り返し剃っていくうちに角質層が剥ぎ取られたり損傷を受けたりして、肌が新しく再生されていきます。

それが順調にいけばいいのですが、運悪く毛穴にかぶさってフタのようになってしまうことがあります。

そうなると、毛が成長してもそのフタで邪魔されます。表皮の中で長くなり(埋没毛と呼ばれます)、それが醜いブツブツに見えてしまうのです。

また黒いブツブツだけでなく、カミソリ負けの症状を生じた場合は赤いブツブツになることもあります。

サロンやクリニックでプロによって脱毛してもらえば、こんなトラブルなど回避できます。また、すでに肌にブツブツが生じていても、施術によって自己処理の回数が減っていくため、自然に美しい状態に戻っていきます。

さらにサロンやクリニックには、術後の保湿トリートメントをしっかりとおこなってくれるところもあります。
これにより肌に潤いがキープされ、ケア効果も倍増します。

自己処理をやめた上に保湿トリートメントが加わるため、足の肌は施術前よりキレイになるでしょう。

また肌のトラブルについては、施術のついでに相談に乗ってくれるところも多いので、スタッフに気軽に質問してみましょう。

足脱毛に関する疑問と回答

Q.施術してもらう時の服装はどんなものがベスト?

服装に関しては、通うサロンやクリニックによって事情が異なります。
施術用のガウンが用意してところなら、どんな服装で行ってももちろん問題はありません。

着替えずにそのままの格好で施術してもらう場合は、スカートやズボンはぬいでショーツのみになり、バスタオルをまといながらマシンで照射してもらいます。

なお、施術時に専用ジェルを塗るサロンやクリニックでは、そのジェルがうっかりショーツについてしまうことがあります。
施術用のショーツが用意されていない店や医院なら、自分で替えを持参しましょう。

Q.色素沈着している肌は施術はできない?

4つのサロンと2つのクリニックに質問してみると、そのほとんどが「色素沈着があると施術は不可」という回答でした。

上述したように施術時に使われるレーザー系の光は、メラニン色素のせいで熱エネルギーに変わります。
そのため、色素沈着があると光が熱に変わって皮膚に火傷を負わせる危険性があります。

ただ質問先のひとつであるリゼクリニックは「施術スタッフが見た目で判断し、安全そうなら施術する」ということです。

Q.肌が乾いている場合は施術不可?

同じようにサロン、クリニックに訊いてみましたが、肌が乾燥していると施術は不可のようです。

というのも、乾いた皮膚というのは抵抗力が弱く、光の照射によって重篤な肌トラブルが起こりやすくなるからです。

また、肌に傷がある場合も化膿その他の症状を起こすことがあり、施術は不可です。

施術後のアフターケアに関して

サロンやクリニックで脱毛の施術を受けた後の肌は、大変無防備な状態になっています。その点をよく考え、アフターケアに気を配ることが大事です。

まず欠かせないのは、入浴をやめること。
どうしても汚れや汗が気になる方は、ぬるいシャワーで我慢しましょう。湯船につかることは厳禁です。

シャワーを浴びて汚れを落とす場合も、手のひらで刺激を与えないように洗って下さい。ボディタオルなどでこすってしまうと、重篤なトラブルを起こす可能性があります。

入浴後はタオルで強く拭きとるのではなく、そっと押し当てるような感じで水気を取りましょう。

また、脱毛後の肌は光の照射のせいで炎症を生じやすくなっています。炎症を未然に防ぐには、脱毛したパーツの保湿が大変重要です。
施術当日はもちろん、翌日もしっかりと保湿し、潤いを与えましょう。

さらに潤いによって柔らかい皮膚を保てば、皮膚の奥に潜んでいたムダ毛が表に出やすくなって脱毛効果がアップします。

保湿は普段使いのクリームやローションでも構わないのですが、敏感肌向けローションや乳液がベスト。化粧水を使った後にミルクローションを塗ると効果的です。

以上足脱毛について、様々な情報を紹介してきました。いかがだったでしょうか?

何度も書いてきたように、ムダ毛の自己処理は肌のコンディションを悪くします。
美肌をキープするためにも、自分に合った脱毛サロンや医療クリニックを見つけて施術してもらいましょう。

暑い季節を迎える前に腕を脱毛しよう

春をすぎて夏が近づいてくると、薄着を身につける機会も増えてきます。特に夏本番ともなると、半袖やノースリーブで腕を露出することが多いでしょう。

その時にどうしても気になってしまうのが、腕に生えているムダ毛です。
余りに伸びているとみっともないので「処理はしっかりやっている」という女性も少なくないと思います。

ただ、カミソリ、毛抜き、除毛クリームなどの市販の処理道具でムダ毛を除去していると、その刺激で徐々に肌の状態が悪化します。
それが限界に達すると、ひどいトラブル(黒ずみ、埋没毛など)を招きかねません。

そこで推薦したいのが、サロンやクリニックでの脱毛です。

最近になって革新的な脱毛技術が発明されたこともあって、脱毛の料金は下がってきています。そのために現在はちょっとした脱毛ブームになっていて、手軽に施術してもらう女性が増えているようです。

ただこれまでサロンなどと縁がなかった女性は、脱毛について明確なイメージは持てないかもしれません。

そこでこの頁では、いろいろな面からの腕脱毛の情報、およびサロンとクリニックの選び方について解説してみることにしました。

以下の文章が、ムダ毛で悩んでいる女性の助けになれば、と思います。

なぜ腕脱毛をおすすめするのか?

プロの手による腕脱毛には、以下にあげるようなメリットがあります。

まず、美しくツルツルの肌が手に入ること。

「そんなの自己処理しても同じことじゃ?」と思われるかもしれませんが、市販品によるムダ毛の処理というのは仕上がりがとにかく美しくありません。
特に体毛が濃い人の場合、毛穴がかなりの確率で目立ってしまいます。

サロンや医療クリニックでの脱毛ならそんなこともなく、驚くほど美しいお肌になります。
そうなると人がジロジロと視線を向けてきても、気後れすることがありません。
むしろ自分から進んで腕を見せびらかしたくなるでしょう。

そして2番目のメリットは、自己処理が省けることでその分自由な時間が作れる、ということ。

脱毛が終わりさえすれば、しばらく新しいムダ毛は伸びず、肌はツルツルです。
もちろん自己処理など必要なくなりますから、これまでムダ毛を抜いたり剃ったりしていた時間が浮いてきます。

なかには「毎日、ムダ毛を剃っている」という、体毛の濃い女性もいるでしょう。脱毛さえすればその時間がなくなり、ヒマになった分を他の用事に当てられます。

また、カミソリや毛抜き、除毛クリームなどによるムダ毛処理は皮膚への刺激が強く、肌トラブルを生じやすいというデメリットもあります。

「肌の良好な状態をキープする」という点でも、脱毛でムダ毛処理を不要にすることには大きな意味合いがあるわけです。

腕脱毛の料金はどれくらい?

「腕脱毛をしてもらおう」と決めるのはいいのですが、まず頭に浮かぶのはその費用でしょう。

なるべく安上がりにすむプランを選んだとしても、脱毛完了までにいくらくらいの料金がかかるのでしょうか?

そこで、20ほどの有名店・医院の公式サイトを調べ、その平均値を算出してみたところ、サロンの場合は——

・腕(ヒジ上)……47,800円
・腕(ヒジ下)……48,600円

医療クリニックの場合は——

・腕(ヒジ上)……83,375円
・腕(ヒジ下)……82,500円

という結果になりました。

つまり、医療クリニックで脱毛の施術を受けると、サロンの倍ほどの費用がかかるわけです。

これだけだとサロンで施術してもらう方がずっといいようですが、クリニックにも高い施術費用を払うだけのメリットがあります。

サロンとクリニックの長所短所とその違いについては後で述べるので、その部分を参考にして下さい。

現在はどのように施術がおこなわれているのか?

昔は脱毛の施術と言うと電気バリで毛根を焼き切る、というイメージがありましたが、現在ではその方法は廃れています。

今のサロンでは、フラッシュ脱毛が主流になっています。これは特殊な光(フラッシュ)を肌に直接当て、メラニン色素を含む毛母細胞、毛乳頭、皮脂腺開口部などに熱のダメージを与えるという方法。

こちらはレーザー系の光を使うものの威力が弱く、単に毛根を弱体化するだけです。そのため施術の完了には長い期間が要るのですが、その分費用が安い、というメリットがあります。

一方、クリニックでメインで使われている方法がレーザー脱毛。YAG、ダイオード、アレキサンドラライトなどのレーザー光が使われますが、いずれも威力が強く、発毛組織を完全に死滅させることができます。
そのため、大抵のサロンではできない「永久脱毛」も可能です。

フラッシュ脱毛よりも痛みがひどい、という欠点はあるのですが、サロンより早く脱毛が終わるのが大きなメリットです。

腕脱毛が完了するまでの回数と期間は?

脱毛というのは思った以上に厄介で、施術スケジュールには制約があります。

というのも、毛には一本一本別の成長サイクル(毛周期)があり、施術できるのはその中の「成長期」の毛だけだからです。

施術はその時期にする必要があり、どうしても2〜3ヶ月に1回というスローペースになります。これはサロンでもクリニックでも同じです。

では、最低必要な照射回数・期間はどれくらいかというと——

・脱毛サロンの場合

照射回数……12回以上
期間……2年以上

・医療クリニックの場合

照射回数……5回
期間……約1年

となっています。

クリニックなら早く脱毛が終わりますが、それでも1年は通い続けないといけません。

サロンとクリニックのどちらを選ぶべきか?

腕脱毛するなら、サロンとクリニックのどちらを選ぶべきなんでしょうか?

どちらがいいとは安直に言えません。2つには各々長所と欠点があるからです。

サロンの最もいいところは、何と言っても料金が安いこと。なるべく安価に脱毛したい方に向いています。

vそれに使用されているフラッシュ脱毛は威力が控えめなため、「痛いのが苦手」という人にもピッタリ。

一方、クリニックは脱毛を早く完了したい人にもってこいです。

料金はサロンより割高ですが、効果はサロンよりも確実ですし、通い続ける日数も短めですみます。

またクリニックは医者が常駐しているので麻酔が使えます。
「痛みは絶対にイヤ」という人にとっては大きなメリットといえるでしょう。

あと、毛が濃いか薄いかによっても選択肢が変わります。濃い人はクリニックを、薄い人はサロンを選ぶ方が無難です。

施術の1回あたりの時間はどれくらい?

ヒジ下やヒジ上だけ

形がシンプルということもあって、腕は他の部位に比べると施術は短くてすみます。ヒジ下やヒジ上のみなら、1回あたり30分で終わるでしょう。

もし通っているところに連射可能なマシンが設置されているなら、たった15分ほどですんでしまう場合もあります。

腕全体

腕全体を施術する場合は、ヒジも含むことになります。ヒジは球状で肌が柔らかいため、ちょっと施術に時間が必要です。

それに面積が広いこともあって手間がかかるため、所要時間は、50分から1時間くらいでしょう。

これは連射式のマシンを使っても変わりません。
1時間弱と見ておくべきです。

腕脱毛するなら月額プランを選ぶべき

腕というのは他の部位と比べると施術する範囲が大きく、脱毛完了までの日数がどうしても長くなると言われています。

また毛の量や質も個人差があるため、完了に必要とされる回数も多くなることがあります。

ということで、最初に回数制のプランを選ぶと追加で施術を受けるハメになり、結局は思った以上の料金がかかることが少なくありません。

「毛が太い」「毛の量が多い」と自覚している人は、回数制ではなく月額制を選んだ方がいいでしょう。「高い」と感じるかもしれませんが、おかげで回数制より安く済んだ、という人が多いのです。

最近は、完全月額制のサロンが増加しています。
そんな店を選べば得心がいくまで施術できますし、やめたいと思ったらいつでもやめられます。

念のために「通い放題」にするのがオススメ

上述したように脱毛は1、2回程度では終わりません。クリニックでも5回、サロンなら12回以上も通い続ける必要があります。

なぜこんなに回数がいるのかと言うと、「成長期」の毛にしか施術効果がないためです。
腕の場合、成長期の毛は全体の20%くらいといわれています。

ということで、ムダ毛すべてに光を当てるには、成長期を待つ必要があります。

このように脱毛完了には日数がかかるのですが、脱毛が完了したからといっても、それで毛が生えてこないとは限りません。

実はサロンの脱毛器は毛根の発毛機能を弱体化するだけなので、”脱毛”というより”減毛”といった方が正しいのです。

そのため終了から月日が経過すると、毛が再び伸びてくることがあります。

では、レーザー脱毛の方はどうでしょう? 
こちらも「永久脱毛が可能」とされてはいるのですが、ムダ毛が一生生えてこないという保証はありません。

米国電気脱毛協会というところの定義によると、永久脱毛は「毛の再生率が脱毛後1ヶ月たっても20%以下」という意味にすぎません。つまり「毛が再生する確率がかなり低い」だけで、別に永久に毛が生えないわけではないのです。

ということで、施術終了後も毛が再生することに備え、それをケアできるプランを選ぶ必要があります。

その点で、一番いいのは「通い放題」。これなら店や医院が続いている限りずっと施術を受けられます。

脱毛料金は安くはありません。
せっかく契約するのですから、完璧に脱毛できるプランを選びましょう。

脱毛を早く終わらせるコツ

脱毛を完了するには、1年から2年は施術に通う必要があります。なるべく早く脱毛を終わらせるために、以下の点に気をつけて下さい。

予約が大変なサロンやクリニックは避ける

サロンやクリニックの選択には「予約が取りやすいか」という点も大事です。

上に記したように、脱毛の施術は毛周期と合わせた時期におこなわれます。

もし余りに繁盛している店や医院の場合は予約が入れられず、それだけで完了が数ヶ月も遅れる可能性があります。

通うのが楽なサロンやクリニックを選ぶ

店や医院が駅から離れた場所にあったり、交通の便が悪かったりすると、つい施術に行くのが億劫になります。

施術は続けないと意味がありません。契約するならなるべく通うのが楽なサロンやクリニックにしましょう。

常日頃から健康的な生活を目指す

健康的な生活を目指すことも、脱毛には重要なことです。

「そんなこと当然のことでは?」と思われるかもしれませんが、肌の状態と体調には密接な関わりがあり、例えば肌の乾燥がひどい場合は脱毛の施術が受けられなくなります。

程よい運動、十分な睡眠、栄養バランスの優れた食事の3つを心がけ、脱毛を早く終わらせましょう。

評判の良いサロンとクリニック

腕脱毛で評判のいいサロンとクリニックを3つずつ紹介します。

まずはサロンから——

銀座カラー

「徹底的に脱毛ができる」「予約が取りやすい」など、銀座カラーはネットの口コミでも評価の高いサロンです。

何といっても一番の特徴は、単独の部位に通い放題プランがあること。

全身脱毛コースだけでなく、腕だけでも通い放題というのは助かります。

レイビス

レイビスは業界でも老舗として知られており、信頼性も高いサロン。完全月額制を取っているところもありがたく、都合があって施術を途中でやめても無駄な出費になりません。

オススメは選択する部位の数に応じた3つのコース。4ヶ所なら月額2,980円しかかからないので、リーズナブルに脱毛したい人におすすめです。

ミュゼ

ミュゼは170を越える店舗数を誇り、全国どこでも通えるサロン。業界でも最大手のチェーン店です。

キャンペーンも盛りだくさんで、初心者も通いやすくなっています。

また、痛みの軽微なSSC脱毛という方式を導入しており、痛みの苦手な人にも最適です。

次にオススメのクリニック——

アリシアクリニック

腕を施術したいなら、「腕脱毛セット」がピッタリ。また他のクリニックではほとんど見られない通い放題プランがお得です。

湘南美容クリニック

知名度は抜群で、テレビCMを見た人も多いでしょう。分院が全国各地にあり、地方在住の人には最適です。

リゼクリニック

腕脱毛をしたい人にピッタリのリーズナブルな腕セットがあります。またアフターケアも充実していて、完璧な脱毛効果が得られます。

以上、腕脱毛に関する情報を色々と紹介しました。いかがだったでしょうか?

ぜひこれらの情報を参考に、腕脱毛の施術を受けてみて下さい。厄介な自己処理をする必要がなくなり、肌のコンディションが良くなっていくはずです。

顔脱毛をしようかどうか悩んでいる女性へ

「顔」は対世間的に人間の部位の中で最も大切なパーツ。
顔の印象の良し悪しによって他人の反応も変わってきます。
化粧品を始め、世の中に顔のケア製品があふれているのも当然でしょう。

顔のケアを行う際に厄介なのが、表面に細かく生えている産毛です。

「体毛が濃く、唇の上にも産毛が生えていてヒゲに見えてしまう。みっともないので毎日のように剃っているけれど、その手間がイヤ」

そんなふうに嘆いている女性も少なくないはずです。

また、産毛が生えていると化粧もなかなかノリません。美容に気を配っている女性にとってはひたすら邪魔な存在と言えます。

そんな女性の中には、一念発起して顔脱毛してもらうという人もいます。

かつてのサロンの顔脱毛はキャンペーン対象外という場合が多く、その料金も安いとはいえませんでした。ところが、最近脱毛ブームが起こったせいで費用も相当下がり、割合気軽に施術できるようになっています。

ただ、初心者にとってサロンで施術を受けるというのは何となく億劫なものです。

そこでこのページでは、顔脱毛の細かい情報や注意点について説明してみることにしました。

以下の情報が産毛で悩んでいる女性の一助になれば幸いです。

脱毛とは、そもそもどういうものか

詳しい紹介に入る前に、脱毛の施術とはそもそもどういうものか、説明しておきましょう。

脱毛というと、かつては毛穴に電気針を刺す「ニードル脱毛」が普及していました。

これは相当な痛みをともなうため、「脱毛は痛い」というイメージを世間に流布した、と言われています。

いまではその欠点を補う技術革新の結果、サロンでも医療クリニックでも特殊な光を用いる方法が一般化しています。

サロンで最も普及している方式は「IPL脱毛」というもの。黒いメラニン色素だけに反応する光(インテンスパルスライト)を、直接肌に当てます。

元々、このIPLは美肌ケアの目的でエステサロンで使用されていたもので、毛穴の引き締め、赤ら顔、ニキビ痕、くすみの改善などに効果があります。

IPLを使った脱毛ではこれらの元々の効能も期待できるので、施術の度に肌の状態も良くなっていくわけです。

ただ最近、SSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン法など、IPL以外の方式を採用するサロンもだんだん増えています。それぞれ特質が異なるので、なるべく自分に合った方式を選ぶようにしましょう。

サロンによって施術箇所に制限がある

顔脱毛をしてもらう際に注意したいのは、サロンによって施術部位に制限がある、という点。

アンケートを取ったところ、産毛処理の需要が高いのは、眉間、鼻の下、アゴの3つということですが、これもサロンによって施術可能なところと不可のところがあります。

例えば、サロンでも特にポピュラーな店の場合——

ミュゼ……鼻下、顎

ディオーネ……額、頬、顎、鼻下、鼻

脱毛ラボ……鼻下、もみあげ、顎

ジェイエステ……フェイスライン、目元、鼻下、頬、口周り、顎

といった風に施術可能なところが限定されています。

ということで、「顔脱毛ができる」と広告などに書かれていても、希望部位が施術可能かどうかはチェックしないと分かりません。

サロンに足を運んだのに施術不可となると交通費がムダになりますので、事前に詳細を調べておくようにしましょう。

脱毛の料金っていくらぐらい?

顔脱毛をするためにサロンと契約するとなると、1番気がかりなのはその料金でしょう。

そこで20社に及ぶ有名サロンのデータから平均料金を計算してみたところ、「41,033円」という金額になりました。

これを高いと思うのか、安いとみなすのかは、施術を受ける人の考え次第でしょう。

ちなみに脱毛ができるのはサロンだけではありません。医療クリニックでも施術が可能です。

こちらも平均価格を出してみると「131,325円」となりました。

つまりクリニックはサロンより3倍以上の料金がかかるわけで、「これは高い」と思う人が多いかも知れません。
ただサロンでは不可能な「永久脱毛」ができるのが大きなメリットです。

料金と効果を考慮しながら、自分の好みの方を選ぶべきでしょう。

最初に「お試しコース」を選ぶのがベスト

最近はサロンも増えており、競争も激化。ライバルに先んじて顧客を獲得するため、盛んにキャンペーンを打ち出しています。

これまで脱毛をやったことない女性に足を運んでもらうため「お試し」を用意しているところが多いので、未経験者はそのコースで光脱毛を体験してみましょう。

もちろん、いきなり正規プランを選んでも構いませんが、どんなデメリットがあるか分かりません。やはりお試しから始めるべきです。

申し込みについてですが、店舗に直接連絡するよりも公式サイトから申し込んだ方がお得。色々と特典が付いているようです。

まず興味を覚えた店のサイトをチェック。
そして問題がないようなら、ネット上で手続きするようにして下さい。

その後は、まず申込み時に指定した日にサロンへ行きます。

この時、カウンセリングは必ず受けなければなりません。どのサロンでも料金は無料です。

具体的に言うと、料金プランの確認、施術についての詳しい説明がその内容。良い機会なので、

「完了まで施術は何回やればいいの?」
「導入している脱毛機器は何の方式か?」
「永久脱毛は可能なのか?」

など、こちらから積極的に聞いてみましょう。

初日はこれだけ。あとは予約を入れていって施術を続けることになります。

施術では——

・スタッフは親切か?
・痛みはあるか?
・術後の肌の感じは?

などのポイントをチェックしましょう。

これで合格だったらプランのいずれかを選ぶことになりますし、不合格だったらそのまま終了。また他のサロンを調べ、そこのお試しコースを体験しにいくことになります。

上に述べたようにサロンの数は増えているので、自分にピッタリの店にいつか出会えるはずです。

オススメしたいサロン「キレイモ」「ジェイエステティック」

顔脱毛の人気店を2つ、紹介してみます。

まず推薦したいのが「キレイモ」。板野友美、ぺこ&りゅうちぇる、渡辺直美といったタレントのCMがテレビで流れているので、「知っている」という人も多いでしょう。

ここの最大の特徴は、顔の広範囲に渡って施術ができる、ということ。
他のサロンでは施術の可能範囲が相当制限されているので、他で満足できない人がキレイモに来店するようです。

次にオススメしたいのは、「ジェイエステティック」。

「フェイス6」というプランを選ぶと、1回の料金はわずか2,500円です。「なるべく安価に顔脱毛を体験したい」という女性にもってこい。

またヒアルロン酸のジェルを使用していますから、光の照射で軽い火傷状態になった毛穴付近をしっかりとケアしてくれます。

「顔の脱毛をしたいんだけど、どのサロンにすべきかよく分からない……」。そんな人は、ぜひこの両サロンをチェックしてみて下さい。

以上、顔脱毛について色々な情報を紹介しました。

これ以降は、脱毛の疑問点や、施術で注意すべきポイントを説明していきましょう。

歯の治療をやっていても施術はできる?

脱毛というのは意外に日数がかかり、短期間では完了しないのが普通です。数ヶ月から数年に渡って施術に通う必要があるので、その間に歯の治療を受ける方もいるでしょう。

他の部位ならともかく、顔脱毛だと光を顔に照射するわけですから、歯の治療が脱毛に悪い影響を与えるか気になります。

実際に店の方に質問してみると、通常の虫歯治療ならとりあえず問題ない、とのこと。

ただ気をつけなければならないのは、歯医者から処方された痛み止めを飲んでいる場合です。

サロンの施術では、まれに「光線過敏症(光過敏症)」と呼ばれる症状が起こることがあります。これは、普通の人なら何でもない光の照射で、むくみ、かゆみ、水ぶくれなどが生じる過敏反応のこと。

実は痛み止めにはこの症状の誘引物質が含有されているものがあり、摂取していると施術ができなくなってしまうのです。

重篤な状態になる可能性もあるので、痛み止めを飲んだ時は必ずスタッフに告げるようにして下さい。

ちなみに虫歯の痛みも、施術によって激しくなることがあります。治療中はなるべく口周りの施術を避け、他の部位を先行させるようにしましょう。

また、歯列矯正のために歯科に通っている女性もいると思います。この場合、矯正器具に高熱が起こるケースもあるので、施術はできません。

ただ最近ではセラミックやプラスチックの器具も多く、それならオーケーです。

このように色々と条件が考えられますので、施術前に必ずスタッフと相談するようにして下さい。

ニキビができると施術できない?

脱毛は毛根が高熱に包まれるため、その熱が体調に影響を与えることもあります。そのため、施術については様々な条件が設けられています。

例えば、肌が異常に乾燥していると施術不可ということが多いですし、自己処理が不十分(ムダ毛が長いまま)だと、その部位の脱毛は後回しになります。

このように予約をしたのに、条件を満たしていないということで施術が不可、というケースは結構あります。

では、ニキビがあると施術できるのでしょうか?

調べてみると、大抵のサロンでオーケーのようです。

というのも、脱毛で使用されるIPL機器というのは、元来エステで美肌対策に用いられていたもの。ですから、肌に対して悪い影響を及ぼさず、かえってケアに役立ちます。

IPLが脱毛効果を持つのは、黒いメラニン色素に反応して熱エネルギーに変わり、毛乳頭、毛母細胞などの毛根組織に損傷を与えるから。つまり、色の薄いニキビやニキビ跡などならIPLもほとんど反応せず、熱が生じることもありません。

ただあまりに症状が進んだ場合は、高熱によって炎症がさらに悪化することがあります。そういうときは、ニキビを避けて施術がおこなわれます。

スムーズに脱毛してもらうためにも、ニキビはしっかり治しておきましょう。

施術のせいでシミ、そばかすができる?

現在、脱毛サロンや医療クリニックの脱毛は、IPLやレーザーといった光を照射する方法が主流になっています。

「そんな強い光が肌に当たると、そばかすやシミになってしまうのでは?」と思う人もいるかもしれません。

確かにシミやそばかすの大きな原因は、紫外線を含んだ太陽の光。サロンの光も毛根を破壊するほどですから、太陽と同じように肌に悪い影響があるのでは、と思いこみがちです。

しかし、何度も書いてきたようにIPL脱毛機というのは、美肌効果のためにエステで使われてきたもの。決して、肌に対して損傷を与えるものではなく、かえって艶のある肌をもたらしてくれます。

「でもネットを見ると『顔脱毛のせいで、そばかすやシミができた』っていう口コミが投稿されているけど?」と反論する人がいるかもしれません。

これには、理由が2つ考えられます。

まず、奥に隠れていたシミがターンオーバーによって、肌表面に出てきた、というもの。

施術の結果、新陳代謝が良くなり、隠れていたシミが肌に現れることはしばしばあります。

ただ、大部分はもっとターンオーバーが進むことで消滅してしまいます。

あと施術後、肌が乾燥しているために傷がつき、それが痕として残る場合。これをシミだと錯覚してしまう方がいます。

こんなことを避けるためには、施術後のケアを欠かさず、保湿をしっかり行いましょう。

いずれにせよ、一時的なシミや傷は施術によって直接生じるわけではありません。安心して下さい。

施術に行く時、化粧はどうすれば?

顔脱毛初心者にとって不安に思う点のひとつが、

「サロンに出かける時、化粧していても大丈夫なのか?」

ということ——。

素顔でも問題のない10代の学生ならともかく、いつもメイクをしている女性にとって、職場や自宅から店に行くまでずっと化粧なしでいるのは結構大変なことです。

結論から先に述べてしまうと、化粧をしてサロンに行っても問題ありません。

脱毛サロンには専用ブースがあり、そこでメイクをオフすることができます。
またサロンによっては、サービスでスタッフがメイク落としまでしてくれることもあります。

ただ、いくら化粧を落とせるからといっても、あまりに厚いメイクをしていくと、それをオフするだけで時間がムダになります。

普段よりもメイクは抑え、時間的に余裕を持ちながら施術してもらいましょう。

以上、顔脱毛とサロンの選び方などについて細かく紹介してみました。いかがだったでしょうか?

ぜひこれらの情報を参考に、自分にピッタリのサロンを見つけて下さい。
顔脱毛をすることで、肌のコンディションも良くなっていくはずです。

ワキ脱毛したい

ワキ脱毛したいけど……

近年、夏になると都心部では熱帯並みの猛暑が続きます。
気温が低い季節と違って、半袖やノースリーブを着なければその暑さをしのぐことはできません。

ただ、その時に気になるのがワキに生えたムダ毛でしょう。

処理がしっかりできていないと、腕を上げた時に他人にのぞかれてしまい、恥ずかしい思いをすることになります。

ただ、ワキ毛の処理というのはかなり面倒です。カミソリを使っていると毎日剃らないとすぐにブツブツが目立ってきますし、毛抜を使うのは痛みを伴うので、処理自体が億劫になります。

「いっそのことサロンで脱毛しようか」

そう思っている女性も少なくないでしょう。でも未経験者にとって、サロンと契約するというのは結構ハードルが高いものです。

「完了までに何回くらい通う必要があるの?」
「痛みがあると聞いたけど本当?」
「最終的に料金はどれくらいかかるの?」

これらの疑問を抱えたまま、結局、サロンへ行かずに自己処理をやっている、という人が大多数です。

そこで、ワキ脱毛の値段やサロンの選び方について説明し、初心者の悩みを解決してみることにしました。

このページが、ワキ毛で悩んでいる人の助けになれば、と思います。

そもそも「脱毛」って?

ワキ脱毛の情報を紹介する前に、「脱毛とは一体どういうものか?」ということを簡単に説明します。

サロンや医療クリニックでの「脱毛」というと、特殊な器具で1本1本ムダ毛を抜いていく、というイメージを持つ人が多いようですが、今はそんな方法は廃れています。

それに施術においてターゲットとなるのは、皮膚の表面に出ているムダ毛そのものではありません。

ではどこなのか、というと、皮膚の奥に埋もれている毛根部分。

確かに以前は手作業で毛根を処置していたのですが、現在では技術の進歩で効率が良くなり、特殊な波長の光を照射することで毛根に影響を与える方法をとっています。

その光というのは、IPLやレーザー。いずれもメラニン色素に反応する特徴を持っています。

ムダ毛のある肌に当てると、毛根部分で熱エネルギーへと変わり、毛母細胞、毛乳頭といった組織に大きな損傷を与えます。

この方法は画期的なものでした。おかげで脱毛は気軽なものとなり、最近では顔、脚はもちろん、VIOなどの脱毛を行う人が増えています。

その中でもワキ脱毛は最もポピュラー。やはり、夏になるとワキは露出する機会が増えるので、「ムダ毛処理をするならまずワキから」と考える女性が多いのでしょう。

また、ワキというのは汗腺が集中している部位でもあります。そのために汚れや老廃物が他の部位に比べて蓄積しやすく、毛のう炎や埋没毛(埋もれ毛)なども起こりやすいと言われています。

ワキ肌のコンディションを保ちたいなら、ムダ毛を一刻も早く脱毛し、肌に良くない自己処理はやめてしまうのが無難です。

ワキ脱毛の施術回数、料金、痛みはどれくらい?

上記の紹介で、ワキ脱毛のメリットがお分かりになったと思います。

「すぐにサロンで脱毛したくなった」という女性もいるかもしれません。

ただ、実際にサロンに通うとなると、以下のようないくつかの点が気にかかると思います——

・完了までの施術回数はどれくらい?
・最終的な料金の総額はいくら?
・施術時の痛みはあるの?

これらの点について、説明していきましょう。

まず施術回数です。実は脱毛の施術というのは1回や2回程度では終わりません。ムダ毛が何年にも渡って生えてこないようにするには意外に長い時間がかかります。

特にワキは太い毛がまとまって生えているうえに、他の部位よりも毛根が深いところにあり、顔や脚よりも施術の回数が多くなります。

もちろん個人差はあるのですが、完了までどうしても12回から18回はかかってしまいます。

続いて値段です。これはサロンによってマチマチ。お金持ちの顧客を抱えている高級サロンの中には、少しの施術だけで驚くような料金をとるところもあります。

ただ、ワキ脱毛は一般的に値段は安め。それほど高額な料金ではありません。

「その中でもリーズナブルな店はないだろうか」と思ってネットで調べてみると、ぜひおすすめしたい店がありました。

それは「ミュゼ」。全国に店舗を持つチェーンサロンです。

ここの人気プランである「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」は、料金がたった100円!

これだけの値段で施術してくれるところは他にはない、と言い切っていいでしょう。脱毛が初めて、という人にはピッタリです。

さらにミュゼの凄いところは、料金だけではありません。

実は、サロンでの脱毛というのはどうしても痛みがあります。ミュゼはそれが軽減されるように企業努力を重ねているのです。

具体的にいうと、他のサロンがIPL方式の脱毛機を用いているのに対し、ミュゼはSSC方式の機器を使用しています。

IPL方式はキセノンランプで肌にインテンスパルスライトを照射します。一方、SSC方式ではクリプトンライトを採用しています。
キセノンランプはそれだけで脱毛効果を備えているのですが、クリプトンライトはその効果がありません。

ではどうやって脱毛が可能なのかというと、専用のジェルを照射の前にムダ毛に塗ります。

ここにクリプトンライトを当てると毛根の発毛機能が損なわれ、ムダ毛が生えなくなるのです。

この方式の最大のメリットは、光そのもののパワーは弱くてもいい、というところ。ジェルとの組み合わせで効果を上げるので、高熱でダメージを与える必要がありません。したがって痛みも軽減されます。

「痛みが伴うので脱毛を避けている」という女性もいるようですが、ミュゼならば安心して施術してもらえます。

ワキ脱毛を成功させるには

「ワキ脱毛をするならミュゼがおすすめ」と述べましたが、お住まいの場所によってはその店舗がない場合もあるでしょう。そんな時は、他のサロンに通わなくてはなりません。

ただ、近年はちょっとした脱毛ブーム。以前に比べてサロンの数ははるかに増えています。初心者はどこを選べばいいのか判断に苦しみます。

料金に関しても色々なサロンが大々的なキャンペーンを行っているのですが、プラン設定がややこしく、どれがお得なのかよく分かりません。

そこでサロンを選択する際、注意を払うべきところを何点かあげてみます。

施術可能回数が極端に少ないサロンは避ける

脱毛に関しては間違ったイメージが流布していて、たとえば1回施術すればその部位のムダ毛は一生生えてこない、と思い込んでいる人がいます。

実は、1、2回程度では、脱毛の効果はほとんど実感できません。確かに施術後10日ほどでツルツルの無毛状態にはなりますが、時間が経過するにつれてドンドン新しい毛が生えてきてしまいます。

発毛を抑えるには、IPLやレーザーといった特殊な光を数ヶ月から数年に渡って当て続けなければなりません。

しかもワキのようにムダ毛が密集している部位だと、上で述べたように12回から18回ほどの回数がどうしても必要なのです。

ですから「料金が安いから」という理由で施術回数が10回に満たないプランを選んでしまうと、結局は脱毛が契約内に完了せず、さらに料金を払って追加施術をしなければならない、ということもあり得ます。

最終的にリーズナブルに脱毛するためには、あまりに安いプランは無視し、施術が無制限に可能なコースを選びましょう。

返金制度や施術期限に注意を払う

ワキのムダ毛を完全に処理するには、最低3年間はサロンに通い続ける必要があります。

しかしサロンと契約しても、何らかの理由で中途解約することもあると思います。

その場合、店側ではいい顔はしません。契約の条項をタテに、なるべく返金額を少なくしようとするサロンが多いようです。

ただ中には、1年以内ならば全額返金、という良心的なところもあります。

「ひょっとしたら中途解約するかもしれない」という人は、契約前にその条件について訊ねておきましょう。

またサロンの中には、施術期間にリミットを設け、契約から何年か経つと施術ができなくなるところもあります。「全額払ったのに施術が受けられない」となると泣くに泣けませんので、リミットがあるかどうか、事前に調べておくことが大事です。

いずれにしても「ワキ脱毛は長期間かかる」という事実を考慮し、なるべく回数や施術期間に制限のないサロンを選んで下さい。

施術後のケアを行ってくれるかどうか

ワキは無防備に人目にさらす箇所だけに、なるべく見栄えをよくしたいもの。
ムダ毛処理だけではなく、黒ずみなどの肌トラブルを改善することも肝要です。

そのためには肌の潤いをしっかりと保つことが欠かせません。

脱毛サロンにはそれを考慮し、施術後の保湿サービスに力を入れているところもあります。

こうした店なら、脱毛だけでなく美肌効果も期待できますので、一石二鳥といえます。

ただですら施術後の毛穴は熱を持つため、肌は乾きがちです。
無用な肌トラブルを起こさないためにも、保湿サービスをしてくれるサロンを選んだほうがいいでしょう。

脱毛サロンと医療クリニックってどう違うの?

脱毛サロンだけがワキ脱毛を行っているわけではありません。料金は少々高めですが、医療クリニックでも施術が可能です。

脱毛サロンでの施術方法が光脱毛(フラッシュ脱毛)なのに対し、クリニックで主流となっている方法はレーザー脱毛。

「特殊な光を肌に当て、メラニン色素を含有する毛根にダメージを与える」という点で、脱毛の原理そのものは2つとも同じです。

ではどういう違いがあるのかというと、毛根部分を損傷するパワー。

レーザーの光は波長が長く、その威力はIPLなどとは比べ物になりません。毛根の組織は徹底的に破壊されてしまい、いわゆる「永久脱毛」も可能になっています。

また施術回数にも差があり、サロンの場合は10回以上かかるところ、クリニックだと数回くらいですんでしまいます。

もし「短期間で脱毛したい」と考えているなら、医療クリニックに通う方がいいでしょう。

なぜワキ脱毛の料金は安いの?

ワキ脱毛というのは、他の部位と比べて料金が安くなっています。それだけ気軽に施術ができるので、初心者は最初の脱毛にワキを選ぶことが多いようです。

では、なぜワキ脱毛の料金は安いのでしょうか?

第1の理由としては、ワキの面積がもともと狭い、ということ。

サロンでは面積によって料金が決定されることが多く、その点でワキは安価なパーツというわけです。

そして第2に考えられるのは、サロン側の”戦略”。

初心者は最初にワキを脱毛する傾向があるため、「その値段を抑えることで、より多くの客をひきつけられる」とサロン側が考えているのです。

いずれにしても、ワキというのは施術しやすい部位です。サロンの技術もすぐに分かるので、脱毛するならワキからにしましょう。

脱毛完了後、効果に不満が残る場合は?

サロンに通い続けた末、脱毛がようやく完了。ところがその結果に不満が残る——。

こんな場合は、もちろんそのサロンで施術を続けることもできます。
ただ、そうなると追加料金が上乗せされるので、出費が馬鹿になりません。

そんな事態を避けるためには、最初の契約の時に12回以上のプランを選択するのが無難です。

また、継続するのをやめて、改めて他のサロンへ行くという手もあります。しかしこの場合はカウンセリングからやりなおさなければならないので、時間と手間がムダになります。

とにかく最初に施術回数と期間に余裕を持つことが肝心。
何度も述べているように、施術回数に制限のないプランを選ぶようにしましょう。

脱毛することでワキ汗が増えるって本当?

最後に、ワキ毛処理後の”ある現象”について、追記しておきます。

実は口コミサイトを見ていると「ムダ毛を脱毛してから、ワキにかく汗が増えてしまった」という感想が多く投稿されています。

このようなことが本当にあるのでしょうか?

答えを先に言ってしまうと、そんなことはありえません。

ではなぜワキ汗の量が増えた、と勘違いする人がいるのでしょうか?

ネットで調べてみると、どうやら今まで汗をせき止めていたワキ毛がなくなったため、肌が流れる汗を直接感じる機会が増えるから、というのがその真相のようです。

つまり単なる感覚の問題で、汗は脱毛前と同じ量しか出ていません。汗が流れる感覚もそのうち慣れてしまい、違和感もなくなっていくでしょう。

以上、色々なポイントを押さえながらワキ脱毛の特徴やサロンの選び方について述べてきました。いかがだったでしょうか?

以上説明してきたことを参考にしながら、ぜひお気に入りのサロンを見つけ、ワキ脱毛にトライしてみて下さい。
ワキに対する他人の視線が気にならなくなり、肌のコンデションまで良くなるはずです。

脱毛と鎮痛薬の関係とは?

すべすべした美肌

脱毛と薬の関係とは?

女性は、ムダ毛のない、すべすべした美肌に憧れるものです。
最近では脱毛サロンが増えたため、そんな美肌になろうと何年も通いつめる人も多くなってきました。

脱毛すれば、カミソリ、毛抜き、あるいは除毛クリームを使った自己処理と無縁になるので、肌のコンディションもよくなります。化粧のノリもよくなるのでメリットが多いのですが、施術そのものは決して手軽なものとはいい切れません。

例えばサロンに最初に行った時、カウンセリングを受けるのですが、

「普段から何か服用している薬はありますか?」

と必ず聞かれます。

もし医者にかからざるを得ないような持病があって、刺激性の強い薬を飲んでいたとすると、契約そのものを断られる場合もあります。

「なぜ服用している薬のせいで、脱毛の契約ができないのだろう?」と不思議に思われるかも知れません。

この理由は、脱毛の方法と関係しています。

現在サロンで最もよく使われる脱毛法は、光脱毛(フラッシュ脱毛)。文字通り、光を当てることにより毛根に熱エネルギーを加え、発毛を阻害するというものです。

実はいくつかの薬には、皮膚が光に過敏になる「光線過敏症(光過敏症)」という症状を引き起こすものがあります。

この症状が起こると、普通なら何でもない光でも、かゆみ、むくみ、水ぶくれなどが生じてしまいます。

この副作用を引き起こすものには、向精神薬、非ステロイド性消炎鎮痛剤があり、これらの薬を飲んでいると、施術を受けることができません。

このように薬との併用でも施術が体に影響を及ぼすケースは多く、脱毛というのはマッサージを受けるような手軽なものではないことが分かります。

前橋の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛の直後気をつけること

脱毛直後に気をつけること

脱毛直後に気をつけることって?

最近は脱毛も一種のブームと呼べるほど盛んになり、有名タレントを使ったコマーシャルもテレビでよく見かけます。

サロンの数も増えてキャンペーン広告を載せる雑誌も多くなったため、それを見て「自分も施術してもらおう」と気楽に考える人も少なくありません。

ただ、忘れてほしくないのは、「脱毛というのは思った以上に体に負担をかける行為だ」ということ——。

現在サロンで最もよく使われている脱毛法は、光脱毛というものです。フラッシュ脱毛とも呼ばれ、黒いメラニン色素に反応するIPL(インテンスパルスライト)という特殊な光を脱毛したい部位に照射します。

この光は肌の深部にある毛乳頭と皮脂腺開口部に反応して熱エネルギーに変わり、その組織を弱体化します。この時、毛乳頭などの部位だけがターゲットとなるといいのですが、高熱が発生するため、周りの皮膚もその熱にさらされてしまいます。

この時の状態は、軽いやけど症状とそっくりで、しばらくは熱が残ります。赤み、かゆみが生じる場合もあり、下手をすると炎症へと移行してしまいます。

ですから、肌の乾燥がひどかったり、体調が優れない時には施術不可となります。「体に負担となる」というのも決して大げさではありません。

なお、施術した後、「なるべくやらないように」とサロン側から注意される行為は以下の通り——

・日焼け
・飲酒
・プール、海水浴
・入浴、マッサージ、激しい運動など、体温が上昇する行為
・予防接種

これらの行為によって肌のコンディションが悪化する可能性が高いので、なるべくひかえるようにして下さい。

前橋の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛サロンでのローンなし払い

脱毛サロンで施術を受けたい女性

都度払いができる脱毛サロンはどこ?

脱毛サロンで施術を受けたいと思っても、悩みの種となるのがその料金。
全身脱毛などになると、20万円を越えることも珍しくありません。

最初に一括払いを求められる店がほとんどなので、「もし終了まで続けられなかったらもったいない」と考えて、契約になかなか踏み切れない人もいるでしょう。

そんな場合におすすめなのが、都度払いのできるサロンです。

都度払いには——

・定額プランのような契約が不必要
・脱毛部位の料金だけ支払えばすむ
・現金払いがオーケー
・お試しとして通える店もある

といったメリットがあります。

近いうちに出産や引っ越しをひかえている人、リゾート旅行や結婚式のために一時的に脱毛したい人、あるいは以前脱毛した部位から生えたムダ毛を処理したい人などは、都度払いで数回だけ施術してもらうのが便利でしょう。

また、サロンの接客態度や技術をチェックしたい人、数回の施術の結果を見て通う店を決めたいという人にも、都度払いがおすすめです。

さらに、現在まとまったお金がないという人、クレジットカードを持っていないという人にもピッタリ。

では、そんな都度払いが可能なサロンには、どういうところがあるのでしょう?

まずおすすめしたいのは脱毛ラボ。

ここはもともと料金がリーズナブルなサロンとして有名です。部位ごとの都度払いができ、顔脱毛なら、あご回り(上下)、鼻下、左右もみあげの3箇所で4,500円。両ワキの脱毛もわずか1,500円ですみます。

次に紹介したいのが銀座カラー。未成年限定となっていますが、Vライン、両ワキ、両ひざなどの部位からひとつを選べて3,500円。他の店よりもグッと格安です。

他にも都度払いをおこなっている店は色々あるので、ネットなどでチェックしてみて下さい。
きっとお得に施術してもらえます。

金沢の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛ローラーについて

ムダ毛の自己処理

脱毛ローラーってどんな商品?

ムダ毛の自己処理に使う道具にはカミソリ、毛抜きをはじめ、色々なものがありますが、「脱毛ローラー」もそのひとつ。

その原理はいたってシンプル。取っ手のついたコイルを肌の表面に転がし、毛を絡めて抜いていくだけです。基本的には産毛に特化していて、顔や背中にもっぱら使います。

産毛を細かいコイル状のバネで絡め取るので、毛があまりに長すぎるとコイルに絡まりにくかったり、毛が途中で切れてしまったりします。

ある販売元に問い合わせてみると、5ミリくらいの毛なら抜けないこともないそうですが、1センチを超えるような長さになると中々抜けにくいそうです。逆にキレイに取れるのは2ミリから3ミリ程度の産毛とのこと。

長い毛の場合はハサミで短くする必要があるので、その辺がちょっと面倒です。

使用頻度ですが、毛根から毛を引き抜くわけですからどうしても肌に負担をかけます。先程の販売元も「毎日使うのはなるべく避けた方が良い」と回答していました。肌トラブルを起こさないためにも、1週間に2回までにとどめておくのが無難でしょう。

使用部位については「顔や背中にもっぱら使う」といいましたが、脚や腕にも使えます。
もし抜けにくいようでしたら、毛穴が開いた状態の時(お風呂上りなど)に使用すると、かなり処理しやすくなるようです。

なお、楽天市場やamazonで調べてみると、以下のような商品がありました——

「うぶ毛すっきりツイーザー」(926円)
「エピスティック」(1,000円)
「コジット 背中エピローラー」(1,134円)
「フェイスエピローラー」(719円)
「コイルツイザー」(949円)

いずれも安価なものなので、実際の使い心地を試してみて下さい。

金沢の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛の歴史

脱毛の歴史について考える

脱毛の歴史

脱毛というのはいかにも現代的な美容行為というイメージがあります。

ところが紀元前3,000年から4,000年頃の古代オリエントでは、すでに硫黄や石灰を原料にした脱毛剤が存在していました。

つまり、人間が初期の文明社会を築く時点で、脱毛という行為は始まっていたのです。あのクレオパトラも、脱毛剤を用いてムダ毛を処理していました。

科学技術の発展につれ、一生毛が生えないようにする永久脱毛の研究が進められました。そして1875年、アメリカの眼科医チャールズ・E・ミッチェルが「電気分解脱毛法」を考案します。

これは近代的な脱毛法の始祖と呼べるものでしたが、脱毛に時間がかかりすぎるというのですぐには一般化しませんでした。

続いて1916年、アメリカのポール・N・クリーが「マルチプルプローブ電気分解脱毛器」を発売。ミッチェルの電気分解脱毛法を応用したもので、これによって電気による脱毛がポピュラーなものになっていきます。

さらに1924年、フランスの医師アンリ・ボルディによって考案された高周波脱毛法が脱毛市場を広げ、それに従って脱毛法の開発が加速します。

1940年代になると電気分解脱毛法と高周波脱毛法を併用する「ブレンド脱毛法」が確立され、以後しばらくは脱毛法の定番となります。
日本でも1970年代からこのブレンド脱毛を行うエステが現れ、脱毛人口が増加。

そして1983年、ハーバード大学のロックス アンダーソン博士が、「選択的光熱融解理論」を発表。これを応用したレーザー脱毛機が実用化され、脱毛界に革命が起こります。

以後は同じ理論による「美容ライト脱毛/光脱毛」が開発され、脱毛に特化したサロンも増加。

現在も様々な脱毛機器が開発され、脱毛市場はさらに拡大を続けているのです。

金沢の人気脱毛サロンランキングTOPへ