脱毛コラム

はっきりとNOと言うことが大事です

脱毛サロンの勧誘を上手く断るには

勧誘を断る女性
脱毛サロンは医療的な方法をどこまで用いるかによって効果が変わり、安さを強調するコストパフォーマンスの店舗は要注意です。広告を見かける機会が多く、評判がよいという理由で訪れたときにイメージと違う結果になれば、勧誘を断ることが大事になってきます。上手に勧誘を断るには、こちらが時間的な制約があることをアピールするべきです。先約があったということや大事な打ち合わせを控えているなど、どうしても相手が口をはさみにくい内容を話題に出すことが大切なポイントになります。断ることを恐れる方もいますが、自分にとって不利になる場合ははっきりとNOと言うことが現在は重要です。

脱毛サロン通いは長い期間必要

それから脱毛サロンは長い期間通い続けるため、医療脱毛を優先的に考えていくことが大事です。保険外で高額であることは、信頼の裏付けであると認識し、お金を貯めて将来への投資に専念する方が賢明です。10代の女の子でも簡単に脱毛ができる時代になりましたが、しつこい勧誘や想像以上にお金を請求されるなど、脱毛サロンによっては非常に残念な例も報告されています。運悪く自分がこうした脱毛サロンへ出向いた場合は、とにかく納得ができなければ断るという決断が必要です。

サロン側も営利組織かつ利益を追及するため、勧誘は常に行っています。お互いが理解できる断り方をすれば、後々もよい関係が保てます。

産後のムダ毛 どう処理したらいい?いつから脱毛していいの?

産後の女性
産後のママの悩みの一つにムダ毛処理がありますね。妊娠中に濃くなったムダ毛をどうしたらいいのか、産後すぐに脱毛してもいいのか、授乳に影響はないのか、いろいろ疑問に思う事がたくさんあると思います。
そんなママの為に産後の脱毛についてお教えします。ぜひ参考にしてみて下さい。

産後はデリケートな時期

妊娠中に体毛が濃くなった!という経験をされたママも多いと思います。これは妊娠中のホルモンの関係で自然にそうなるものですので心配ありません。出産すると妊娠中に濃くなった毛は徐々に抜けることが多いのですが、反対に体毛が濃くなってしまう場合もあります。そうなるとママは心配ですよね。毛が濃くなること自体はホルモンバランスの関係なので心配ないのですが女性としては見た目も気になります。
でも産後はまだまだデリケートな時期。いちから脱毛していいのでしょうか?

出産直後の脱毛はお断りされる

多くの脱毛サロンでは出産直後の脱毛はお断りしています。理由は産後のまだホルモンが安定していない時期は毛根細胞も上手く機能していません。その状態でレーザー施術をしてもレーザーが上手く反応されない可能性があり効果がでない場合があるからです。

ですのでホルモンバランスが安定する頃が脱毛するを始めるには良い時期と言われています。

大体ですが産後半年位や生理が再開してからといった時期が目安になります。個人差はありますが生理再開はホルモンバランスが戻ってきている目安になるのでわかりやすいかもしれませんね。

また母乳を与えているママにとったら脱毛が母乳に影響するのかなと?心配になると思いますが脱毛のレーザーなどによる影響は肌の浅い部分にしか届かないので母乳に害はありません。ただし授乳中は体毛が濃くなる「プロラクチン」というホルモンが出ているので脱毛しても効果が出にくくなる可能性があります。

サロンによったら授乳中も施術は出来ないというところもあるので確認してみましょう。

また脱毛サロンではなくクリニックだと生理が再開していなくても授乳中でも脱毛をしてくれるところも多いので早く脱毛したい!という方は探しては見てはいかがでしょうか。

また脱毛はできなくても女性用電気シェーバーで優しくケアしてあげるのも肌への負担もなく産後のママには良い方法です。

産後や授乳中のデリケートな時期、自分にとって良い方法が見つかるといいですね。

なぜ脱毛でワキガは改善されるのか

脱毛でワキガは改善できる?

ワキガが気になる女性
脱毛をするだけでワキガが改善されるなんてこと、長年ワキガに悩まされている方にはにわかには信じがたいことではないでしょうか。しかし、実際に脱毛をしたことでワキガを改善できたという方は少なくはありません。

脱毛でワキガを改善できた方の多くは、プロのサロンによって脱毛を行った方です。脱毛には様々な手法があるのですが、そのなかでもワキガに効果を期待することができるのがレーザー脱毛です。ワキガといえばアポクリン腺が原因であるということは多くの方がご存じのことと思います。ワキガの治療のなかには、このアポクリン腺を取り除くという手術が一般的ですが、実は脱毛を行う際のレーザー治療にてこのアポクリン腺が消滅することによって、脱毛でワキガを改善することができると言えます。

脱毛なら気楽に行うことが出来る

また、ワキガは菌の増殖も大きな要因となっていますので、脱毛をして菌が繁殖していたワキ毛を取り除くことによって、菌の住み処を排除することにもなり、アポクリン腺を取り除かなくても、この菌の増殖を抑えることでもワキガの治療を試みることは出来るのです。ワキガの治療には抵抗があるかたでも、脱毛なら多くの人が受けていますので、気楽に行うことが出来ます。まずはサロンなどで、レーザー脱毛を行い、どれほど臭いに変化があるのか試してみてはいかがでしょうか。

埋没毛ができる原因とスクラブによる埋没毛の処理

埋没毛について

埋没毛に悩む女性
肌や毛穴に刺激を与えると、肌の表面をかさぶたや角質が覆うことになるので、埋没毛になりやすくなります。

また、埋没毛ができた状態で毛抜きで埋没毛を抜こうとしても、埋没毛が抜けることはなく埋没毛を悪化させるだけになります。

さらに、埋没毛ができている箇所の肌を引っ張ることになるので、毛嚢炎や色素沈着になるリスクを高めることになります。

また、埋没毛を抜く際は皮膚の表面を破る必要性があるので、肌を大きく傷つけます。

そのため、毛穴が新たなかさぶたで覆われる形になるので、埋没毛が改善せずに悪化する一方になります。

そして、毛を抜くと毛穴に刺激を与えるため、毛穴が黒ずみます。

つまり、埋没毛を綺麗にしたい場合は、毛抜き以外にも脱毛テープや除毛クリームといった肌に強い刺激を与える物を使わないのがポイントとなります。

また、費用を抑えて埋没毛を自己処理する際は、スクラブを使って肌に残っている古い角質を取り除くのがお勧めとなります。

埋没毛への対処

埋没毛ができ始めたばかりなら、スクラブによって肌を柔らかくすることで埋没毛を肌の表面に出すことが可能となります。

けれども、埋没毛が進行しているとスクラブを使っても埋没毛を毛穴から出すことができないので、毛嚢炎になるとスクラブは効果を発揮しません。

けれども、スクラブは埋没毛がまだ進行していない状態において、古い角質を取り除くことで埋没毛を自己処理することができます。

アンダーヘアの永久脱毛を行おう

アンダーヘアを脱毛する

アンダーヘアの脱毛
光やレーザーを利用することで、アンダーヘアの脱毛を行うことができます。
一般的には、腕や足など皮膚が厚くなっている部分の施術に光やレーザーが利用されることが多くなっていますが、サロンによってアンダーヘアの施術にも対応しているのです。

光やレーザーを利用した場合、毛根を破壊することができるため、たびたびお手入れを行う必要がなくなるメリットが存在しています。アンダーヘアの毛は、自分でチェックすることが難しいため、毛をうまく剃ることができなかったり、場合により皮膚に傷をつけてしまう場合もあります。その点、永久脱毛を行えば、お手入れを行う必要自体がなくなるため、問題を感じることがなくなってきます。

光やレーザー脱毛の痛みについて

光やレーザーを利用した毛の処理方法はおススメになってきますが、痛みの点も気になってきます。デリケート部分は、お肌が薄く痛みも感じやすい欠点がありますが、この点が気になってしまう人は、医療機関で施術を受けてみるとよいでしょう。

医療機関を利用することにより、麻酔を利用してもらうこともできるのです。麻酔を利用すれば、その部分の痛みを感じることがなくなってくるので、痛みに不安を持っている人でも、気軽に利用していくことができます。また、医療機関だと、デリケートゾーンのお肌に異常が起こったときにも迅速に治療してもらえるメリットもあります。